« 韓流ファン必読「親日派のための弁明」 | トップページ | 中国の林凡女氏「尖閣は日本領」微博に書き込み »

2012年8月26日 (日曜日)

日本よ、真実を知って自信を持とう!

 昭和初期、アジア諸国の殆どは、欧米列強に侵略され植民地となっていた。
 まず、こんなことも知らない世代が増えている。
20100525192140270
 米国はフィリピン、英国はインド・ビルマ・マレー半島、フランスはインドや中国、オランダはインドネシアを植民地とし、日本とタイを除く全アジアが植民地支配された。
 更に、欧米諸国は日本も植民地支配する為に ABCD包囲網をつくり、油などの資源を絶ち、数々の謀略を仕掛け、日本の自滅を待った。
 しかし忍耐ここに極まれり、昭和16年12月8日「座して死を待つよりは戦って死すべし」と、アジア諸国開放の為に、当時最強の白人連合国を相手に宣戦を布告するに至った。
 正に、サムライ国家・日本の気概を世界に示したのだ。
 アジア諸国は、日本の決断に驚愕しつつも我々も出来るという自信を抱かせた。

 結果的に昭和20年8月15日、日本は敗北はしたが、全てのアジア諸国は白人支配から解放され、独立・民主化へ向けて大きく前進することが出来た。当時の韓国人の中には、日本は戦争に敗れて戦争目的を達成した。と評価する人材もいた。
 この真実を未だに理解出来ないのが、特定アジアと呼ばれる反日国家、中国・北朝鮮・ 韓国だけでなく、日本の歴史、価値観を否定した「自虐史観」を支持する日本人自身だ。

 大東亜戦争終結後、戦勝国が敗戦国を裁くという前例が無い復讐裁判「極東国際軍事裁判」(東京裁判)において11人の判事の中で唯一、日本を侵略国と決め付けていることに不快感を示したインド代表パール判事は、このように述べた。
■「かつて欧米諸国がアジア諸国に対して行った行為こそ、まさに侵略そのものである。要するに彼ら(欧米諸国)は日本が侵略戦争を行ったという事を、歴史に留める事によって、自分らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、日本の17年間(昭和3~20年、東京裁判の審理期間)の一切を、罪悪と烙印する事が目的であったに違いない。
 私は1928年から1945年までの17年間の歴史を2年7ヶ月かかって調べた。
 この中には、おそらく日本人の知らなかった問題もある。
 それを私は判決文の中に綴った。
 その私の歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるという事が分かるはずだ。
 それなのに、あなた方は自分らの子弟に「日本は犯罪を犯したのだ」
 「日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ」を教えている。
 満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。
 日本の子弟が歪められた罪悪感を背負って、卑屈、頽廃に流されていくのを私は平然として見過ごすわけにはゆかない。
 誤られた彼らの宣伝の欺瞞を払拭せよ。
 誤られた歴史は書き変えなければならない。」と・・・・・・・・・

 また、韓国文化研究所 朴 鉄柱 氏は
■韓国 韓日文化研究所 朴 鉄柱 氏
 大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を持った欧米諸国であった。彼らはこの戦争によって 植民地をすべて失ったではないか。戦争に勝った敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決まる、というのはクラウゼヴィッツの戦争論である。日本は戦争に敗れて戦争目的を達成した。
 日本こそ勝ったのであり、日本の戦争こそ、「聖なる戦争」であった。
 二百数十万人の戦死者は確かに帰ってこないが、しかし彼らは英霊として 靖国神社や護国神社に永遠に生きて、国民尊崇対象となるのである。(昭和42年10月)

 戦争終結から65年以上の歳月が流れた現在では、世界各国から日本は「自衛の為」「アジア独立の為」に欧米列強諸国と戦争をしたとの認識がされている。
 マッカーサーでさえ、大東亜戦争は「日本の自衛戦争」だったと証言しているのだ。

|

« 韓流ファン必読「親日派のための弁明」 | トップページ | 中国の林凡女氏「尖閣は日本領」微博に書き込み »

09 共産主義国・中国のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓流ファン必読「親日派のための弁明」 | トップページ | 中国の林凡女氏「尖閣は日本領」微博に書き込み »