« 韓国は国際司法裁判から逃げるな! | トップページ | エネルギーは余り過ぎる位で丁度いい »

2012年8月12日 (日曜日)

酒田出身プロ棋士・阿部健治郎五段

 8月12日 (日)の「第62回・NHK杯テレビ将棋トーナメント」では、九段藤井猛×五段阿部健治郎の対局が行われた。
 http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/shogitou/
 今回、酒田出身の阿部健治郎五段の将棋を始めてテレビ観戦した。 Images_3
 見応えのある立派な対局だった。
   ※棋譜はこちらから
   http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/kifu/sgs.cgi?d=20120812                            
 対局は全般に渡って、阿部五段の若々しい激しい攻め将棋と、藤井九段はなかなか渋い受けの将棋を見せ、結果は藤井九段の受け勝ちだった。
  対局後の感想戦では、対戦相手の藤井猛九段や解説の西村一義九段による、若い阿部五段に対する思いやりあるコメントや解説に感心した。

  阿部健治郎五段(1989年2月25日生まれ)は、山形県酒田市出身、酒田市第三中から酒田南高校に進学している。
 解説をしていた西村一義九段の門下だそうだ。
 200年開催された第22回全国中学生選抜将棋選手権大会での準優勝を機に日本将棋連盟の奨励会に入会。
 2009年、20歳で山形県出身として26年ぶり、3人目のプロとなる四段に昇段する。  
 2010年には若手棋士の登竜門といわれる新人王戦で優勝を果たし、2011年11月に竜王ランキング戦連続昇級で五段に昇段した。
 トントン拍子の出世街道で、今後も、更なる躍進が期待されている若手棋士の一人だ。
 十二分に将棋界のトップを狙える逸材とみた。

|

« 韓国は国際司法裁判から逃げるな! | トップページ | エネルギーは余り過ぎる位で丁度いい »

10 酒田市の関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国は国際司法裁判から逃げるな! | トップページ | エネルギーは余り過ぎる位で丁度いい »