« 心正しからざれば 剣また正しからず | トップページ | 反原発は左翼、極左、マスコミが煽動している。 »

2012年7月22日 (日曜日)

「鰻」食えば日に四回しても又したい。

  いつも堅い内容なので、たまには柔らかい話を・・・・。_1_1

 医事漫談のケーシー高峰さんは、山形県最上町出身の漫談家だ。芸名の由来は「名医ベン・ケーシー」
 本名は、門脇貞男さんという。  
 代々医者の家系に育ち、母は近年まで現役の産婦人科医、父は商社マンだが、兄弟を始め一族も殆どが医師だという。
 いつも、飄々と、とぼけた顔つきで、嘘か誠か分からないような語り口に、つい引き込まれてしまう。
 北野たけしも認める名人芸だ。Img6_file
 震災後も、福島県いわき市の自宅にとどまり、避難者の皆さんにジョークを飛ばして心をほぐしているという。
 笑点では、「放射能の原産地、福島県いわき市よりやってまいりました。皆様方に放射能をお分けしたいと思います。」と白衣をたたいていた。
 こんなブラックも人柄でセーフさせている。

 いつだったか、「」の漢字を黒板に書いて面白いことを語っていた。
  「という魚は精のつく魚で、回やってもやりたくなる・・・グラッチェ
 もうすぐ土用の丑、この季節、ピッタリの話題だ。
 ケーシーさん、この調子で頑張って下さい。

|

« 心正しからざれば 剣また正しからず | トップページ | 反原発は左翼、極左、マスコミが煽動している。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 心正しからざれば 剣また正しからず | トップページ | 反原発は左翼、極左、マスコミが煽動している。 »