« いじめ自殺:この親にして、この子あり | トップページ | 北朝鮮の拉致協力者は「土台人」 »

2012年7月14日 (土曜日)

フジテレビ!「駟も舌に及ばず」だ。

 
  「駟も舌に及ばず」とは、いったん口に出した言葉は、4頭立ての馬車で追いかけても、追いつくことはできないこと。
 言葉は慎むべきであるというたとえだ。A
 この現代版の典型は、テレビ、新聞、ネットなどで一旦流した映像や言葉にも当て嵌めることが出来る。
 いったん放送したら取り返しが効かない。

 フジテレビは、大津市立皇子山中学校で男子生徒が自殺した問題を取り上げた7月6日放送の情報番組「とくダネ!」で、生徒の氏名などを黒塗りしていたが、透けたままで読みとれる状態で放送した。
 この氏名を読みとった人が、ブログ配信や、2chに投稿して情報を求めたりした結果、騒動は拡散した。

 これに対して、フジテレビは7月9日放送の同番組内で「名前など人権に関わる部分は黒く塗りつぶして放送しておりましたが、大型のテレビで静止画で見ると、実名の一部が透けて見えることがわかりました。」などと謝罪した。
 このようなことは、謝罪すればいいという話ではない。
 まさに「駟も舌に及ばず」なのだ。
  しかし、今回のケースは結果オーライと見ている
2012071008010043f
  フジテレビのミスに端を発し、ネットが世論を形成し、そして国会や警察を動かし、自殺といじめの関連を究明しようとしている。
 問題究明は被害者サイドに立って観る以外にない。
 多少のオーバーランは法は別にして、世論の許す範囲だ。
 フジテレビが、この展開を読みとって、ワザと実名が分かるように報道したのなら擁護側に回る。 

■「大津いじめ自殺事件 」のまとめはこちらから
  http://www48.atwiki.jp/tukamarosiga/

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
  http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4715.html

   いじめ関係者の実名透ける フジテレビ「とくダネ!」で謝罪
 
滋賀県大津市の市立中学校で男子生徒が自殺した問題を取り上げた2012年7月6日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)で、生徒の氏名などを黒塗りした資料が一部透けていたことについて、フジテレビは9日放送の同番組内で謝罪した。
   番組では田中大貴アナウンサーが、「名前など人権に関わる部分は黒く塗りつぶして放送しておりましたが、大型のテレビで静止画で見ると、実名の一部が透けて見えることがわかりました。
 今後はより一層細心の注意を払っていきます。申し訳ありませんでした」と話した。

|

« いじめ自殺:この親にして、この子あり | トップページ | 北朝鮮の拉致協力者は「土台人」 »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いじめ自殺:この親にして、この子あり | トップページ | 北朝鮮の拉致協力者は「土台人」 »