« 揺るぎない領土愛を「オホーツクの舟唄」に託す | トップページ | 極上の味、海草「イギス」の味噌汁 »

2012年7月 8日 (日曜日)

2012.7月9日「外国人登録法」改正

 日本に出入りする外国人は、「出入国管理及び難民認定法」と「外国人登録法」  、この二つの法律で管理しているといっていい。
Card
 この「外国人登録法」が24年7月9日(月)改正され、外国人住民の住民登録制度が大きく改正される。
 一番大きな改正点と思われるのは、在日韓国人の身分証である「外国人登録証」の携帯義務が廃止されること。
 民主党政権の誤った判断となるであろう。

 「在日」とは一般的に「在日朝鮮人」のことで、正確には「在日外国人」と言う意味だが、広くは「朝鮮人」のことを言う。
 日本政府は帰化を推進しているが、これを受け入れず日本社会に背を向けている人達でもある。
 だからと言って、自国に帰る様子はない。
 実に厄介な人達でもある。
 このような在日は身分証明書の携帯義務があったが、これが廃止するという。
 賛否両論、必ずあるはずだ。

改正のポイント
外国人住民の方にも「住民票」が作成される。
 外国人の方の届出の負担が減ります。
   今までは、入国管理局で在留資格変更や在留期間の更新等の手続きを行った後に、居住地の市役所で変更の届出が必要でしたが、改正後は市役所に届け出る必要がなくなります。
●市役所への届出は住所変更のみになります。
「外国人登録証明書」がなくなり、在留カード又は特別永住者証明書に切り替わります。
特別永住者の方】→現在お持ちの外国人登録証明書の次回確認日まで有効です。
  切替時に『特別永住者証明書』に切り替わります。
    (交付申請の窓口は今まで通り市役所です。)
永住者の方】→改正後3年以内に入国管理局で手続きを行い、『在留カード』への切り替えが必要です。
上記以外の方】→改正後の在留資格の変更時、または在留期間の更新時に入国管理局で『在留カード』に切り替わります。
  とある。
 
 

|

« 揺るぎない領土愛を「オホーツクの舟唄」に託す | トップページ | 極上の味、海草「イギス」の味噌汁 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 揺るぎない領土愛を「オホーツクの舟唄」に託す | トップページ | 極上の味、海草「イギス」の味噌汁 »