« シンガポール(Singapore)旅行記(1) | トップページ | シンガポール(Singapore)旅行記(3) »

2012年5月27日 (日曜日)

シンガポール旅行記(2)

 「セントーサ島」は「戦闘」ではなく、「平和」を意味している。

 シンガポールは、大東亜戦争の傷跡が多く残るところだ。
 日本はシンガポール占領後3年間は”昭南島”と呼んでいた地域でもある。
 セントーサ島(Sentosa SentosaIsland.)も、その一つだ。

 セントーサ島の歴史博物館では、日本統治時代を、「シンガポール暗黒の時代」と日本語で紹介していた。当時は英国の植民地だったが、マレー民族の独立心に火を付けたなどの肯定的な説明はない。
 
 
 「セントーサ」から日本語の「戦闘」をイメージしたが、マレー語では「平和」を意味している。
 1970年迄は島全体が軍事要塞基地だったが、今はレジャーランド施設に生まれ変わり、夜には、噴水とレーザー光線と花火による華やかなショーが待っていた。

  ショーの前に歴史博物館に立ち寄った。
 建物は病院施設跡だというだけに、古めかしく歴史を伝えるには充分の環境だ。
 中では、シンガポールの歴史を蝋人形や数々の展示物で当時を再現していた。
 日本占領時代の説明に目が止まった。
 「シンガポール暗黒の時代、多くの島民が日本軍に虐殺された。」と簡単な説明があり、真っくらのゾーンには、日本兵から逃げまどう島民の様子を展示していた。
 たったこれだけで、シンガポール国民が持つ日本のイメージを想い図った。

 マレー、シンガポール地域の戦死者は1万1、400人と言われている。
 シンガポールの日本人墓地公園(英語:The Japanese Cemetery Park)所在地 Chuan Hoe Rd, Phillips Av. は、他にも10カ所前後あると聞いた。
 きっと、シンガポール政府が日本人墓地公園を造る理解を示した結果であろう。
 まあ、これはよしとすべき?
 戦地となった国の中には、遺骨収集活動さえ許可されない国もある。

大きな地図で見る
Singapore   Chuan Hoe Rd, Phillips Av.

 ウキベキア「シンガポール攻略 」 によると、
 昭和17年(1942年)2月8日、日本軍はジョホール海峡を渡河しシンガポール島へ上陸した。
 主要陣地を次々奪取し、11日にブキッ・ティマ高地に突入するが、そこでイギリス軍の砲火を受け動けなくなった。15日、日本軍の砲弾が底をつき、攻撃中止もやむなしと考えられていたとき、イギリス軍の降伏の使者が到着した。水源が破壊され給水が停止したことが抗戦を断念した理由であった。
 シンガポール攻略戦での日本軍の戦死は1,713名、戦傷3,378名。イギリス軍は約5,000名が戦死し、10万人が捕虜となった。
 これはアメリカ独立戦争におけるヨークタウンの戦い 以来のイギリス軍史上最大規模の降伏であり、近代のイギリスにおいて歴史的な屈辱であった。

大きな地図で見る

|

« シンガポール(Singapore)旅行記(1) | トップページ | シンガポール(Singapore)旅行記(3) »

11 我が家に関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/45425173

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール旅行記(2):

« シンガポール(Singapore)旅行記(1) | トップページ | シンガポール(Singapore)旅行記(3) »