« シンガポール旅行記(2) | トップページ | シンガポール(Singapore)旅行記(4) »

2012年5月28日 (月曜日)

シンガポール(Singapore)旅行記(3)

 Singaporeflyer
 

 風水の国「シンガポール」

 シンガポール観光でお薦めは夜景で、特に「シンガポールフライヤー(Singapore Flyer)」の上から、遊覧船では真下から、そして、市街地では「輪タク」で暴走族気分を味わって欲しいとガイドに言われ、全てを体験した。Q17
  夜の観光名所を巡るナイトツアーオプションは多数あるが、これらを押さえれば間違いないようだ。他には、カジノ、ゲイランは個人の責任で・・・。

  さて、シンガポールの街並みの設計の殆どには風水の『陰陽五行』に基づいているそうで、写真のとおり、実に見事な水晶柱(ポイント)を意識したビル群を堪能することが出来る。
 ガイドが風水の主なことを解説していたが、「T字路の突き当たりの建物やカーブの外側の家は運気が上がらない。」、また、「建築デザインの形は重要であり、風水の五行と結びつけられている。」、正方形、立方体のビルは「13_903、長方形は「」、円形や円柱ビルは「」、曲線や波型は「」、三角形は「」だという。
 風水ではは縁起が良く、13と大きく外壁に描かれたビルもあった。
 ガイドが「13日誕生日の人いませんか」と質問するので、「ハイ」と言うと、「ラッキーボーイだ。シンガポールに来るべくして来た人だ」と持ち上げられる。
 所変われば品変わるの典型だ。

  また、シンガポール中心に地下鉄を建築する際も風水師に助言を求めたそうだ。
 シンガポールの地中には、東、西、南、北、中央に、シンガポール国民に繁栄をもたらす5匹の龍脈があって、地下鉄が二匹の龍脈を分断する計画だった。
 災いを防ぐには、全国民に八卦図を持たせるよう指導する。Imagescarx4btr
 しかし、これは国民に強制できないので、「シンガポールドル1ドル硬貨を八角形にする。八角形は全方向からのエネルギーを引っ張る力がある。」とアドバイスした。
 地下鉄開業までに、その通りにすると、経済はマイナス成長から11.4%のプラス成長に転じたという。
 この1ドル硬貨は土産代わりに財布に入れてある。
 果たして、日本でも効果(硬貨)があるのだろうか。

 また、東、南、中央の龍脈が交わる場所は、金融、IT関連のシンガポール経済の中心地・シェントンウェイ(Shenton Way)の高層ビル群がある。Sunteccitysunset
 他には、サンテック・シティ(suntecCity) は最も徹底的に風水を利用したビル群で、5つの高層ビルを5本の指に見たて、手のひらにあたる中心に「富の噴水」がある。
 それから、シンガポール・フライヤー(Singapore Flyer)は、マリーナエリアに高さ170メートルの観覧車だが黒川紀章が設計したそうだ。これも開業時は、今とは逆周りであったが、風水師から「西から上がって東に沈むのでは太陽に逆らう。幸運がシンガポールから失われる。」という指導を受け、莫大な費用をかけて改修したそうだ。
 実に徹底している。681x454

 予定に無かった番外は、人力車(輪タク)に乗ったことだ。
 シンガポールの中心街から下町、アラブ人街・ インド人街・オカマ通り、ラッフルズホテル (Raffles Hotel)付近を約1時間散策した。
 なお、輪タクには優先権があるそうで、他の一般自動車やタクシーが遠慮しながら走っているのが痛快だった。
 この人力車は、呼び込みで簡単に乗るとボラれることが多いから注意が必要。
 

|

« シンガポール旅行記(2) | トップページ | シンガポール(Singapore)旅行記(4) »

12 その他の情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/45428526

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール(Singapore)旅行記(3):

« シンガポール旅行記(2) | トップページ | シンガポール(Singapore)旅行記(4) »