« 日本国憲法・廃棄論を支持する。 | トップページ | 女性を襲う泥棒や強姦犯は殺されても仕方ない! »

2012年5月 8日 (火曜日)

アイフォーン次期モデル、今年秋発売?

 iPhone4を使い始めて、1年7カ月になる。
 便利な世の中になったものだと感じさせる代表だ。K612539678

 アイフォーンは、携帯電話、メール通信機能としては勿論、
 カメラ、ビデオ機能として、
 ラジオ、テレビとして、
 音楽視聴、ゲーム機として、
 ネット情報の収集やブログ更新として、
 計算機や録音機として、
 新聞記事の閲覧として、
 ときには、
 地図案内、カーナビとして、
 等々、あらゆることが可能と思わせる便利な小道具だ。

 ただ一点、お財布携帯機能が無かったことが不満だった。
 それが、
 
 今年秋には発売されそうな、次世代iPhone「iPhone 5」は、アップル版の「おサイフケータイ」機能が搭載される可能性があるという。
 他には、どんな機能があると便利なのだろうか。

「iPhone 5」今秋リリースか 米国のITニュースやアナリストが予測 
   http://www.j-cast.com/2012/05/05131122.html
  2012/5/ 5 16:49         
 アップルの「アイフォーン(iPhone)」の次期モデルが、2012年秋に発売との情報が流れている。米ブログメディアが、米携帯電話大手ベライゾンワイヤレスのスマートフォン(スマホ)発売スケジュールを入手、そこからiPhoneを含む有力スマホのリリース時期を暴露したのだ。
   現行モデルの「iPhone 4S」が日米などで発売されたのが2011年10月。
 それから1年後に新モデル投入との筋書きは、タイミングとしても合っているように思える。真相はどうなのか。
例年6月に発表も「4S」は10月だった
   ベライゾンワイヤレスのスマホ発売計画を報じたのは、テクノロジー関連ニュースを扱う米ブログメディア、BGRだ。2012年4月26日の記事では、「2012年内にベライゾンが投入する、主力スマホの発売に関する具体的な情報を独占入手した」とある。
   次期iPhoneについてBGRは、「今秋の発売」としているが、それ以上の詳細はない。実はBGRでは2011年12月27日に「アップルに近い情報源によると、iPhoneの次期モデルの発売は2012年秋」との記事を出しており、今回はそれに沿った内容となっている。
   歴代のiPhoneは、例年6月に開かれるアップルの開発者向けイベント「WWDC」で発表されるのが「定番」となっていた。例えば「iPhone 3G」は2008年6月のWWDCで発表後、同年7月に発売。「iPhone 4」も2010年6月のWWDCで発表され、同月中にリリースされている。しかし最新の「iPhone 4S」ではこの「慣例」が破られ、発表されたのは2011年10月だった。今回は再びWWDCの場で披露されるのではないか、との声もある。
   アップルにとって気になるとみられるのが、韓国サムスン電子の動向だろう。サムスンは、iPhoneを追撃する最新版スマホ「ギャラクシーS3」を2012年5月4日に公開した。iPhoneに搭載されている音声アシスタント機能が「ギャラクシー」にも備わり、有機ELディスプレーはiPhoneより大型サイズだ。米調査会社ストラテジー・アナリティクスによると、サムスンの2012年1~3月期のスマホ世界出荷台数はアップルを上回っている。   BGRの記事では、この「ギャラクシーS3」の発売時期について「詳しい時期までは分からない」としながらも、ベライゾンが秋口に投入するスマホのラインアップから「ギャラクシーS3は夏にリリースされるだろう」と推測している。
(続く)
新型モデルはデザイン一新の見方
   ただしBGRの記事には、「ギャラクシーS3」の具体的な発売日は書かれていない。次期iPhoneも合わせて「ベライゾンの発売に関する行程表を独占入手した」と言うわりには頼りない情報と言わざるをえない。記事に対する読者からのコメントを見ても、「このウワサの根拠はどこだ」「詳しい日程も書かずに、何が『発売スケジュール』だ」と厳しい指摘が多かった。
   とは言えiPhoneに限れば、まんざら的外れとも言えなさそうだ。
 米ITニュースサイト、コンピューターワールドでアップルの事情に詳しいジョニー・エバンズ氏は「今秋発売説」を唱える。5月2日付の記事で「10月2日か10月16日」と予想してみせたのだ。  その理由としてエバンズ氏は、新型iPhoneの本体デザインが一新されるとみている点を挙げた。加えて基本ソフト「iOS」に重要な新機能が加わり、高性能の部品の製造や、端末の生産自体にも時間を要することから、10月に市場投入という結論に至ったようだ。

新「iPhone 5」、アップル版「おサイフケータイ」機能を搭載か
 
アップルの次世代iPhone、「iPhone 5」には、アップル版の「おサイフケータイ」機能が搭載される可能性があるという。アナリストが語った。
 近距離通信無線(NFC)の技術発展によって、アップルのオンラインサービス「iTunes」のアカウントを通して、小売店の店頭などで買い物の決済が出来るようになるという。
 アナリストらは当初、アップル版のおサイフケータイ機能が、現在発売されている最新の
iPhone、「iPhone 4S」に搭載されると予想していた。しかし第4世代移動通信システム(4G)のように、同技術もアップルの採用基準を満たさなかったようだ。
 しかしDigiTimesによると、台湾メーカーらは、アップルも他のメーカーと同じく2012年発売の携帯端末に同技術を取り入れる意向だという。つまり、「iPhone 5」にはアップル版のおサイフケータイ機能が搭載される可能性がある。
 DigiTimesは、「アンドロイドやシンビアン、ブラックベリー、バダ(Bada)が近距離通信無線 (NFC)の機能を取り入れており、マイクロソフトやアップルが2012年内にWindows PhoneやiOSでのNFC機能サポートを実現させる方針を示していることから、現在は10%未満に過ぎないNFC対応スマートフォンは、今後2-3年で50%以上に伸びるだろう」と予測している。サムスン電子やHTC、ノキア、RIMでは、NFC対応の携帯電話・スマートフォンをすでに市場に出している。
 なお、NFCのチップをiPhoneに搭載するため、アップルは2012会計年度に4億5000万ドルから9億ドルほどの原価高を計上する見込み。その結果として、アップルの粗利益は0.4-0.7% 減少するとみられている。http://jp.ibtimes.com/articles/24228/20111128/862834.htm

|

« 日本国憲法・廃棄論を支持する。 | トップページ | 女性を襲う泥棒や強姦犯は殺されても仕方ない! »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/45157026

この記事へのトラックバック一覧です: アイフォーン次期モデル、今年秋発売?:

« 日本国憲法・廃棄論を支持する。 | トップページ | 女性を襲う泥棒や強姦犯は殺されても仕方ない! »