« 「尖閣諸島」は年内にも東京都? | トップページ | 尖閣諸島の地主、栗原国起氏は語る。 »

2012年4月18日 (水曜日)

都の尖閣購入計画に大きな反響

  政治は、まずアクション action 、行動を起こすことだ。  
 単なる評論家であってはならない。

  我々国民は、政治家たちの日々の活動、働き、成果、言動等々一挙手一投足を見て聴いて感じて共感するから評価する。

  石原慎太郎知事が都で尖閣諸島購入案を公表したことに大きな反響を呼んでいる。何も行動を起こさない、何も出来ない民主党政権より、何百倍も評価され頼りにされることになる。

都の尖閣購入計画民主党政権に不安覚え売却決意
   2012.4.17 22:58  
 尖閣諸島購入構想は昨年9月以降、水面下で石原慎太郎知事と地権者の男性(69)との間で進められてきた。男性は島を誰もが訪れることができる自然公園などとして活用することを希望しているという。両者を仲介した自民党の山東昭子参院議員(69)が明らかにした。
 登記簿などによると、男性は埼玉県在住で、昭和45年から不動産賃貸・管理などの会社を経営している。
 山東議員によると、男性は平成22年9月の中国漁船衝突事件で、民主党政権の対応に不満や不安を覚えたという。男性は「国を守るために所有し続けてきたが、個人で守っていくのは限界がある」とし、青年会議所の活動を通じて30年来の親交があった山東議員に今後の対応を相談した。
 男性は山東議員の紹介で石原知事と面会。昨年9月から数回にわたり3人で会合を持ったという。  当初は国民運動として募金を集める案もあったが、最終的に都が購入する案が浮上。山東議員によると、男性は石原知事の渡米直前に「石原さんにならば(売却してもよい)」などと最終的な意思を固めたという。現地は豊かな漁場が広がり、手つかずの自然が残る。男性は“自然遺産”としての活用や、前所有者の像の島内建立などを希望しているという。
 山東議員は「今後、具体的な活用方法など売買に向けた取り決めや、沖縄県や石垣市との調整など、細部を詰めていくことになる」と話している。

【都の尖閣購入計画】橋下大阪市長「石原知事にしかできないこと」 
2012.4.17 12:46
 東京都の石原慎太郎知事が都で尖閣諸島を購入する案を打ち出したことについて、大阪市の橋下徹市長は構想を聞いていたことを明らかにしたうえで、「普通の政治家ではなかなか思いつかないこと。外交(問題)もあるが、石原都知事にしかできないような、判断と行動だ」と述べた。

【都の尖閣購入計画】「寝耳に水」 対応に追われる都職員
2012.4.17 11:59
 訪米中の石原慎太郎東京都知事から飛び出した沖縄県・尖閣諸島の購入構想。「寝耳に水だ」。都庁職員のほとんどが事前に知らされておらず、17日早朝から対応に追われた。
 報道課は17日未明(現地時間16日午後)のワシントンでの講演に備え、3人が前日から泊まり込んだ。インターネットの中継で初めて内容を知り、他の職員も早めに出勤するなどした。
 課員の一人は「知事が訪米前に『大いに物議を醸してくる』と言っていたので何かあるとは思っていたが」と話した。
 政策課によると、1件当たり2億円以上で2万平方メートル以上の土地購入契約の場合、都議会の議決が必要になる。予算措置や審議会のチェックなど課題も多い。
 担当者は「関東近辺に一部都有地があるが、これほど離れた都有地は聞いたことがない。購入目的を含め、すべては知事が帰国してから詰めなければいけない」と話した。

|

« 「尖閣諸島」は年内にも東京都? | トップページ | 尖閣諸島の地主、栗原国起氏は語る。 »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事

コメント

記事の【都の尖閣購入計画】のソースは明らかにしていないが、それなりの背景があるものだと、分かった。

投稿: どじょう | 2012年4月18日 (水曜日) 午前 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/44919283

この記事へのトラックバック一覧です: 都の尖閣購入計画に大きな反響:

« 「尖閣諸島」は年内にも東京都? | トップページ | 尖閣諸島の地主、栗原国起氏は語る。 »