« 朝日新聞のイメージは「真っ赤」 | トップページ | 都の尖閣購入計画に大きな反響 »

2012年4月17日 (火曜日)

「尖閣諸島」は年内にも東京都?

石原慎太郎都知事が16日、「尖閣諸島を(東京都が)購入する」と公表した。 石原知事は、国民が期待することを着実に手を打ってくれる。 購入が決定したら、次は島に住む住民が必要だ。それと同時に、港や上下水道や道路などの社会基盤を整備する必要がある。 そして島民が住むからには、役所関係の行政サービスが必要になる。そうすれば、国も、おのずと防衛態勢も整える必要に迫られ、ヘリポートや飛行場も整備される。 更に島民に働く場を提供すれば完璧だ。 きっと、漁港を整備すれば間違いなく、漁業関係者の島民は増えるし、観光客も押し寄せること間違いなしだ。各旅行会社は早速、食指を伸ばすことになる。 石原慎太郎都知事は、この程度のことは瞬時に読み切っているはずだ。

東京都の石原知事「尖閣諸島を購入」 すでに地権者と交渉
                                                                2012.4.17 04:58 
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120417/plc12041704580005-n1.htm
 【ワシントン=石元悠生】東京都の石原慎太郎知事は16日午後(日本時間未明)、ワシントン市内で講演し、「尖閣諸島を(東京都が)購入する」と明らかにした。すでに、地権者サイドとも交渉し、合意を得たもようだ。沖縄県石垣市とも協力する方針という。 石原知事によると、昨年末に、交渉を開始。購入エリアは「尖閣諸島のほぼすべてのエリアになるだろう。国のために買う」と言及した。今年度中に、都議会に諮り、東京都が尖閣諸島を所有する予定にしているという。

【都の尖閣購入計画】「決断に感激」「よくぞ言った」 朝から都庁に電話100件 9割が賛成 2012.4.17 14:29  東京都の石原慎太郎知事が都で尖閣諸島を購入する案を打ち出したことで、都庁には17日、尖閣購入に関する意見が午前中だけで100件ほどあった。多くは「決断に感激した」「国が動かない中、よくぞ言った」などと石原知事の方針を支持する声という。  都民の声の窓口担当者では「5台の電話がひっきりしなしに鳴り、9割ほどが賛成意見のようだ」と話した。  一方、土地購入を担当する財務局は「報道で初めて知った」と早朝から大わらわ。多くの職員は購入方針を事前に知らされておらず、「どこにどういう情報が問い合わせできるのか分からない。ニュースを確認している状態」(財務局職員)という。  同局によると、土地を購入する場合は都が改めて測量などを行い、予定価格が2億円以上で2万平方メートル以上の場合は、条例で議会の議決が必要と定められている。この場合、知事から「財産価格審議会」に価格が適正かを諮問、答申を受けた上で議会にはかることになるという。

|

« 朝日新聞のイメージは「真っ赤」 | トップページ | 都の尖閣購入計画に大きな反響 »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/44911661

この記事へのトラックバック一覧です: 「尖閣諸島」は年内にも東京都?:

« 朝日新聞のイメージは「真っ赤」 | トップページ | 都の尖閣購入計画に大きな反響 »