« 平和祈念展示資料館に「ビアク島-奇跡の生還-」 | トップページ | 極左も共闘?「尖閣一坪地主運動」 »

2012年4月22日 (日曜日)

皆思った「鳥海山 ボッコサッデしまう」

 冬期は通行止だった山形、秋田両県に繋がる「鳥海ブルーライン」が、今年も4月末の開通を目指し除雪が急ピッチとのニュースから思い出した。
 この道路でブナ林破壊が進んだことと、兵站訓練で自衛隊が造ったことだ。

 
 地元の人たちは 「鳥海ブルーライン」は自衛隊が造成したことをご存じだろうか。
 「鳥海ブルーライン」で鉾立展望台に向かう手前の国民宿舎大平山荘には「開通記念碑」があり、陸上自衛隊が道路工事に従事した証が刻まれている。
20x465
 着工した昭和42年当時は高校生だったが、工事に向かう直前の自衛隊員を乗せた車や特殊車両の車列は、遊佐中学校の敷地(現在、特別養護老人ホームゆうすい)に並べていたことを思い出す。
 数日後には、鳥海山中腹からハッパの音が麓の町に響き渡ると、あの人たちが爆薬を仕掛けているのかと思ったものだ。

 しかし、ハッパ音が響く度に、家族が「鳥海山がボッコサッデしまう(破壊される)」と漏らしたことが印象深く記憶に残っている。
 「ボッコサッデしまう」、祖母や両親には、山を破壊する行為に映ったのであろう。
 鳥海山は神が住む領域として、朝な夕なに拝んでいたのだ。
 それをハッパで爆破されたのでは、たまったものでない。
 父親は「国がやるごどには、さがらわねもんだ(逆らってはならない)」と言ったが、今なら間違いなく全員が反対派に回る。

 忘れてならないことがある。
 造成を自衛隊が担当したことは、戦場に道路を切り開くことをイメージした兵站訓練の一環だった。
 残念ながら、当時の自衛隊の道造りは火薬をふんだんに使い、ブルやショベルカー等の重機で斜面を遠慮無く削り取り、ブナ林を根こそぎ破壊した乱暴な方法だった。
 当然、地元では評判が悪かった。
027283
 話が横道に逸れるが、太平洋戦争の敗因は「兵站(へいたん)、輜重(しちょう)」の失敗とされる。

 「兵站」とは、軍事作戦に必要な兵隊、食料、武器弾薬などを運ぶライフラインのことで、その第一は道路造りや橋脚造り、陣地の構築等々とされる。
 「輜重」とは、前線に輸送、補給すべき兵糧、被服、武器、弾薬などの軍需品の総称のこと。
 「兵站」を簡単に言えば、軍人達が戦うために必要な武器弾薬から衣食住及び補給路の確保ということだろうか。
 「戦争のプロは兵站を語り、素人は戦略を語る」という格言は、その重要性を裏付けている。
 かつての陸軍では、道路や橋脚造り、陣地の構築等は主に「工兵隊」と呼ばれる部隊が担当したが、陸上自衛隊では「施設科」と呼ぶ部隊がある。
 適法な訓練とはいえ、もう、広域にブナ林を破壊するような道路造りは止めて欲しいものだ。

 大平山荘の石碑には25655、山形県東根市神町南3-1-1所在の陸上自衛隊第6師団
      陸上自衛隊第二施設団
   105施設大隊 鳥海作業隊
      昭和42年度 佐藤一尉 他38名
      昭和43年度 市村一尉 他46名
      昭和44年度 三原二尉 他53名 
    と誇らしげに、部隊名や隊長の名前が刻まれている。
65349d
  面白いことに隣には、芥川賞作家・森敦の「鳥海山は わが観想の 幻の山なりき」の碑もある。
 鳥海山を通して自然の姿や本質を見抜こうとした森敦と、貴重なブナ林を遠慮なく破壊した自衛隊員への功績が対比した形で石碑として並んでいる。
 きっと、作家・森敦ブナ林の破壊に反対したであろうに・・・・。
 皮肉とも滑稽ともとれる並べ方だ。

 多少救われることがある。
 鳥海山の自然を守るため、昭和47年(1972)「標高1200m以上は無車道(含建造物)とし開発を規制する」方針が定められたこと。
 また、その後、湧き上がった「遊佐町三の俣スキー場計画」、「八幡町湯ノ台~滝の小屋線観光道路延長計画」、「矢島町祓川北東斜面スキー場計画」、「八幡町南麓開発スキー場計画」などが全て中止となったことだ。
 最も危惧した 国土計画(現、コクド)による大規模開発であったが、山麓にスキー場、ホテル、ゴルフ場、テニスコート、山小屋などのレジャー総合施設計画も、地元の反対で1997(平成9)年断念している。
 このような企業誘致は原発誘致と似ている。
 街は一時的に潤い、働く場が提供されるが、その反動は間違いなく強烈だ。

 自然の破壊行為には、100%間違いなく自然から逆襲されることを知るべきだ。。
 逆襲の代表がと思えば一番分かり易い。
 そして思う、「鳥海ブルーライン」は本当に必要だったのかと・・・・・・・・

 一点付け加えるが、もしブルーラインが無かったら、白神山地に代わって鳥海山麓が世界自然遺産に指定された可能性があったという。
 理由は、白神山地は林道などの整備が全くない中心地域が世界遺産に登録されているからだ。
 それくらい、鳥海山には、貴重なブナ林が残されていた。
 近年、鳥海山ブナ林復活の運動が活発のようだ。

|

« 平和祈念展示資料館に「ビアク島-奇跡の生還-」 | トップページ | 極左も共闘?「尖閣一坪地主運動」 »

09 遊佐町の関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/44952960

この記事へのトラックバック一覧です: 皆思った「鳥海山 ボッコサッデしまう」:

« 平和祈念展示資料館に「ビアク島-奇跡の生還-」 | トップページ | 極左も共闘?「尖閣一坪地主運動」 »