« 横田基地「軍民共用化」なるか。 | トップページ | 運転手は突っ伏して寝ていた。 »

2012年4月30日 (月曜日)

日本の家庭を破壊した現憲法第24条

   戦争の勝者は敗者側に、勝者側の価値観や文化、制度、宗教などを少なからず強制する。
 戦争の原因が「文化の衝突」からと言われる由縁でもある。
 太平洋戦争も多分に、そのようなものだったのであろう。
 しかし、負けると従順すぎる日本人は、太平洋戦争の敗戦によって、アメリカ式の憲法から文化、国体に関することまで、全て受け入れてしまった。
  連合軍総司令部(GHQ)最高司令官マッカーサーが憲法第24条を加えたのは、日本の伝統的家族制度を破壊する目的があったとされる。
 これは、憲法に仕掛けられた時限爆弾の一つなのだ。01
 現憲法第24条には
 
「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。」
とある。
 この条文は極端に尊重され過ぎて、戦後、核家族化が一気に進み、独居世帯が急増し、孤独死、独居老人、少子高齢化、自殺等々が社会問題化しているが特効薬はない。
 有効な対策はただ一つ、Images
 憲法を改正し家庭の大切さを復活させるのみと言われる。
 自民改憲草案の、
 第24条 
 家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない
 
とある。
 この条文でいい。
 きっと、この条文により、日本の伝統的家族制度が復活のきっかけになるだろう。
 しかし、一度崩壊した家庭を再建するには、最低でも30年から50年、長ければ100年間以上かかることになる。
 国の最小の根幹を成す家庭は、どんなに長く掛かっても復活させねばならない、
 それには、まず、この草案が日の目を見ることが出来るかだ。
 日本国民は、良き伝統とわれわれの国家を末永く子孫に継承する義務がある。
 その義務を果たしていないのが、今の国民と政治家
 H24.04.27 自由民主党 日本国憲法改正草案.pdf

|

« 横田基地「軍民共用化」なるか。 | トップページ | 運転手は突っ伏して寝ていた。 »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/45067957

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の家庭を破壊した現憲法第24条:

« 横田基地「軍民共用化」なるか。 | トップページ | 運転手は突っ伏して寝ていた。 »