« 巨大津波、不安煽って対策あるの? | トップページ | 「爆弾低気圧」とは、初めて知った。 »

2012年4月 3日 (火曜日)

新築計画・設計士を交えた打合せ

 先日は、設計士、営業、インテリア・アドバイザー、そして我々夫婦で契約後第一回目の打ち合わせを行った。2012324_fig001
 イメージを伝えるために作成したお絵かき図面ではなく、設計士が作成した細かい間取り図を見ながらだ。
 残念ながら、その図面は公開できない。

 今回は主に、設計士との細かい打ち合わせで、窓や柱の位置、収納の広さ、キッチンの広さなどを決めて行く。
 それをインテリアアドバイザーは横で聞いて、どのような仕様が合うか構想をアドバイスする。
 営業は、先日ある程度決めてきたキッチン、風呂、トイレ、床タイルなどの仕様や床材などの価格を確認している。

 当方から修正を依頼した点は、
 ○玄関は親子ドア
 ○キッチンの位置
 ○吹き抜け上部に天窓(トップライト)を付ける。
 ○和室の収納は吊り押入れとし地窓を付ける。
などで大きな修正はない。1012318_1

 やはり住宅建築のプロ達だ。
 間取り図一枚で、こちらの要望や立ち上がりを全て見通している。
 心強い人たちで安心した。
 概ねの方針を決めたなら、デザイン、色合わせなどはプロの皆さんにお任せした方が良さそうだ。

 小生が事前に作成した図面に多少触れると、郷里庄内地方の古い農家は、玄関を入ると直ぐ土間、そして台所、囲炉裏が広がり、家族の様子が一望できた。
 妻の生家もそうだったという。
 そんなイメージを多少でも取り入れたつもりだ。

|

« 巨大津波、不安煽って対策あるの? | トップページ | 「爆弾低気圧」とは、初めて知った。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新築計画・設計士を交えた打合せ:

« 巨大津波、不安煽って対策あるの? | トップページ | 「爆弾低気圧」とは、初めて知った。 »