« 「糾問的捜査構造論」と「弾劾的捜査構造論」 | トップページ | 初体験・賃貸マンションの契約 »

2012年4月 1日 (日曜日)

「鉄腕アトム」実現化計画を推進しよう!

 Top_img01
 

 毎年4月1日はエイプリルフール (April Fools' Day) 嘘をついてもよいという風習がある国もある。嘘を付くつもりはないが、多少は大ボラを語ってもいいのではと思う。

 手塚治虫の「鉄腕アトム」は、ストーリーでは高田馬場で2003年4月7日に誕生していることになっている。
 まもなく8歳ということになる。

 そして、手塚治虫の「鉄腕アトム」も、藤子・F・不二雄の「ドラえもん」にも、心臓部には超小型原子炉が使われているそうだ。
 その「アトム」という言葉は、ドイツ語のAtom「原子」からきている。
 燃料交換不要の「原子力発電」と10万馬力の空飛ぶ人間計画、「鉄腕アトム実現化計画」は、我々世代の夢なのだ。9b6ea58d1f276c4088e8318268f49d0e
 同時に、「宇宙戦艦ヤマト」がイスカンダルから受け取った放射能除去装置「コスモクリーナー」も小型にして搭載したら安心だ。

 サンダーバード計画も実現させたい。
 鉄腕アトム型ロボットやコスモクリーナーが完成したら、国際救助隊「サンダーバード」を創設し国内外で災害が起こったとき、すぐ救助に向かう。
 おっと、ガンダムのような搭乗型ロボット、遠隔操作型の鉄人28号もメンバーに加えて欲しい。
 まずは東北の被災地を大掃除することにしよう。
 きっと、世界中の被災地からも大歓迎されることであろう。



 このような大ボラには根拠がある。
 原子力と50年を歩む「服部禎男」氏も下段の動画で語っている。
 「超小型原子炉」は燃料交換もなく、操縦もいらない原子炉が日本では直ぐにも実現化されるという夢のある話だ。
 原子力空母や潜水艦だけでなく、一般家庭自動車にも搭載して欲しい。
 きっと、相当の高額でも需要があるはずだ。

 さて、  「原発、放射能は怖い」という意識が、マスコミやネットなどを通じて国民に蔓延している。実際のところ、我々素人は「原発、放射能が怖い」のではなく、本当は「何も分からない」のが正直なところのはずだ。

 

|

« 「糾問的捜査構造論」と「弾劾的捜査構造論」 | トップページ | 初体験・賃貸マンションの契約 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/44702571

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄腕アトム」実現化計画を推進しよう!:

« 「糾問的捜査構造論」と「弾劾的捜査構造論」 | トップページ | 初体験・賃貸マンションの契約 »