« 果たして日本が一つになれるのか。 | トップページ | 万引きを しないさせない 見逃さない »

2012年3月23日 (金曜日)

警察は人の命を守る最後の砦(とりで)。

 事情を知らない人が「ストーカー」と聞くと、変態者、異常者、変質者を想像しがちだが、殆どが交際があった元夫婦、元恋人、或いは同じ職場関係が多いとされる。
   
 その原因は男女の恋愛感情のもつれが多く、その方法は1e973
つきまとい
待ち伏せ
● 行動を監視
● 面会、交際の要求
● 無言電話やファックス、メール等々による。

  警察の対応も、金銭や男女問題に立ち入るべからずとする「民事不介入の原則」を前面に出していた当時もあったが、1999年10月26日に発生した桶川・女子大生ストーカー殺人事件以来、批判が高まり、「ストーカー規制法」誕生後は、相当に対応が変化したとされる。
 しかし「ストーカー事案」、いや男女間には、常にこのような事件の土壌が潜み、きっと、地球上に男女がいる限り永遠に続くことであろう。
 
Image_y
 長崎県西海市の山下美都子さん(当時56歳)、久江さん(同77歳)親子は昨年12月16日、筒井郷太容疑者(27)に刺殺された。
 筒井は山下さんの三女の元交際相手だった。

 しかしながら、この事件が発生する10日前、三女は暴力で怪我をしたとして、父・誠さん(58)さんと被害届を出そうとしたが、習志野警察署から「1週間待って欲しい」と言われていた。
 そして、この直後の同8日から10日まで、同署関係者は北海道へ慰安旅行に行っていたことが発覚、この旅行中に、二人が殺害される重大な結果が発生したことは重い。
 これでは危機意識が全くなかったと批判されても仕方ない。

 歌謡曲「まちぶせ」で、松任谷由実や石川ひとみが、
 夕暮れ の街角 のぞいた喫茶店
 微笑み見つめ合う 見覚えある二人
 あの娘が急になぜか きれいになったのは
 あなたとこんな風に逢ってるからなのね

 
 と唄っていたが、ストーカーにこんな可愛いらしさなど微塵も無い。

|

« 果たして日本が一つになれるのか。 | トップページ | 万引きを しないさせない 見逃さない »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/44599064

この記事へのトラックバック一覧です: 警察は人の命を守る最後の砦(とりで)。:

« 果たして日本が一つになれるのか。 | トップページ | 万引きを しないさせない 見逃さない »