« 「R-1ヨーグルト」の作り方 | トップページ | 警察は人の命を守る最後の砦(とりで)。 »

2012年3月22日 (木曜日)

果たして日本が一つになれるのか。

 朝から幾度となく繰り返し放送されている。
 21世紀枠で出場の石巻工業高校主将の阿部翔人選手の選手宣誓だ。 
 「見せましょう。日本の底力、絆を」――。
   「日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。」

   昨日、3月21日の選抜高校野球大会開会式で見せた石巻工ナインの雄姿に、東日本大震災の被災地は勿論、日本中が感動したはずだ。
   高校球児が期待するように、果たして日本が一つになれるのか。
 被災地のガレキ処理問題をみれば分かるが、そう簡単ではない。
   今こそ、日本国民は試されているのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 「宣誓。東日本大震災から一年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には、苦しくて心の整理がつかず、今も、当時のことや、亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。
 人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくてつらいことです。
 しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。
 だからこそ、日本中に届けましょう。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう、日本の底力、絆を。
 我々、高校球児ができること、それは、全力で戦い抜き、最後まで諦めないことです。
今、野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。
 平成24年3月21日、選手代表、宮城県石巻工業高等学校野球部主将、阿部翔人」

|

« 「R-1ヨーグルト」の作り方 | トップページ | 警察は人の命を守る最後の砦(とりで)。 »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/44587497

この記事へのトラックバック一覧です: 果たして日本が一つになれるのか。:

« 「R-1ヨーグルト」の作り方 | トップページ | 警察は人の命を守る最後の砦(とりで)。 »