« 新築計画は、「SRC基礎暖房」で | トップページ | 公営競馬は偶然の輸贏ではない。 »

2012年2月27日 (月曜日)

結露対策は「エコカラット」で

 昨日26日は立川市幸町にある「リクシル LIXIL」のショールームに立ち寄った。
 株式会社LIXILは、トステム・INAX・新日軽・サンウエーブ・TOEXという住宅の付帯設備メーカーがひとつになって誕生した。Img_living_case6
 立ち寄った目的は、気になっていたINAXのインテリアタイル「エコカラット」をチェックするため。

 
  INAXのインテリアタイル「エコカラット」は、結露やアレルギー対策に効果が高いと聞いて、自分の目で確認する。
 「エコカラット」は、粘土鉱物などの微細な孔を持つ原料を焼成した内装壁材です。エコカラットの微細な孔は、湿気を吸ったり吐いたりするのに適した大きさに設計されていて、室内の湿度が高くなるとこの孔が湿気を吸収して湿度を下げ、逆に湿度が低くなると湿気を放出して潤いを与えますとある。

 案内の女性が「エコカラット」に水をかけて、その吸収力を見せてくれた。201233_fig001_5

 夏場のジメジメや冬場のカラカラも、この吸放湿機能によって、自然に調節できるという。
  INAXはデザインも多種で、ディズニーのキャラクターもあった。
 そけに、リビングの一面だけや壁の真ん中に横や縦にラインでアクセントを入れた使用例もなかなかいい。
 最近は「ヌリカラット」という商品もあるそうだ。
 今度、新築する家には、SRC基礎暖房」を入れる予定だが、これは湿気に強いと言うから、この効果を見て、結露対策には「エコカラット」を使用したい。
 完成後、後付け出来るのもいい。

|

« 新築計画は、「SRC基礎暖房」で | トップページ | 公営競馬は偶然の輸贏ではない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結露対策は「エコカラット」で:

« 新築計画は、「SRC基礎暖房」で | トップページ | 公営競馬は偶然の輸贏ではない。 »