« いつ実現? 中央線、山手線新駅構想 | トップページ | 座礁、客より乗員や船長が先に逃げた。 »

2012年1月17日 (火曜日)

昭島市で、平成の阿部定事件?

    戦前の昭和11年、荒川区尾久で発生した「阿部定事件」を彷彿させる猟奇殺人事件が、昭島市で発生した。Tizu_2
  事件の発覚は、1月16日午前10時ごろ、昭島市福島町2丁目のアパート一階一室で陰部を切り取られた遺体が発見された。
 被害者は、このアパートの住人で八王子市内のタクシー会社勤務の運転手・矢口行さん(49歳) だった。
 本年1月7日ころから無断欠勤が続いたため、不審に思った上司が訪問し、施錠されていなかった玄関から室内に入ったところ、遺体を発見し通報したという。  

 矢口さんには女性(40歳代)の同居人がいて、近隣の話しではトラブルが絶えなかったと言う。きっと、この女性が犯人だろうが、「阿部定事件」と大きく違うのは、阿部定はチンチンを大切に懐に抱いていたが、この事件ではベッドの下に捨てられていたことだ。
 殺されたうえに大切な箇所を棄てられたのでは、踏んだり蹴ったりだ。

 このことから、阿部定は愛情が継続していたと言われるが、今回の事件の犯人は愛情が切れていたと判断されるのだろうか。
 よく強い愛情ほど、強い憎しみに変化すると言われるが、この事件も、この典型であろう。
 出来れば、こんな事件は流行らないで欲しいものだ。
 きっと今晩から、両手で股ぐらを押さえて眠る男が増えることであろう。
------------------------------  
 まるで阿部定事件!局部切断49歳男性、全裸遺体で発見
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120117-OHT1T00004.htm
 戦前の「阿部定事件」をほうふつとさせる猟奇殺人事件が、東京・昭島市で発生した。
 16日午前10時10分ごろ、昭島市福島町2丁目のアパートで、首、胸、下腹部など4か所を包丁のようなもので刺された男性が遺体で見つかった。
 死亡したのは、この部屋に住むタクシー運転手、矢口行(こう)さん(49)。
 男性器が切り取られて、ベッド付近の床に落ちていた。
 近隣住民によると、矢口さんには同居していた女性がいて、真夜中の大げんかや近隣住民とのトラブルを繰り返していたという。
 警視庁捜査1課によると、矢口さんの遺体は、2階建てアパート1階の6畳洋間のベッド上で全裸のまま、あおむけで横たわっていた。14日に出勤しなかったため、会社の同僚が部屋を訪れて発見。その局部はベッドの下に転がっていた。  発見時、部屋は鍵が開いた状態だった。室内で凶器とみられる文化包丁が見つかった。死因は17日に司法解剖して調べるが、首の傷による失血死とみられる。
 近隣の住民によると、矢口さんは八王子市のタクシー会社勤務で、運転手をしていた。3、4年前からアパートに住み始め、40~45歳ぐらいとみられる女性が原付きバイクで通っていることが知られており、矢口さんも近隣に「同居人」と説明していたという。犬を2匹飼っていて、2人で仲良く散歩していることもあったが、真夜中の大げんかの声はよく聞こえたそうだ。
 同じアパートに住む女性は「矢口さんが夜勤を終えて帰って来ると明け方4~5時頃、大げんかが始まる。『テメー、コノヤロー』という女性のどなり声。矢口さんは面長で温厚そうに見えたけど…」と話した。昨年は大げんかで室内のガラスが割れて、2人が血まみれになり、警察が出動する騒ぎがあった。
 近所に住む40代の主婦によると、女性は同性をみつけると関心を持ち、敵対心をむき出しにしたという。服装は派手。10代の女の子のようなミニスカートをはいたり、ピンク色の服を身につけることが多かったという。
 この主婦は「顔をジロジロ見て『なんだババアか』と捨てぜりふを吐いたり『何ジロジロ見てるんだ、テメー』と悪態をついてくることもありました。髪を金髪に染めたりしていましたが、肌が浅黒くて、小太りで不気味な人でした」と話した。
 さらに、アパートの向かい側の住宅に向かって自宅からロケット花火を連射したり、中3女子を追いかけ回し携帯電話カメラで撮影したり…。女性の奇行は枚挙にいとまがなかったようだ。
 女性が最後に目撃されたのは14日の夜。
 近所のコンビニで、1人で買い物をしていたという。この時点で矢口さんはすでに何者かに殺害されていた可能性がある。捜査1課は、この女性が何らかの事情を知っているものとみて事情聴取する方針だ。

阿部定事件 
 1936(昭和11)年5月18日、東京都荒川区の待合旅館で、仲居の阿部定(当時満30歳)が、愛人だった男性を殺し、その局部を切り取って、持ち去った事件。
 定は性交後に男性の首をひもで絞めて殺害。
 包丁で遺体の局部を切り取り、自分と愛人の名前を遺体に書き残して、逃げた。
 2日後に警察に逮捕された際は、局部を紙に包んで、大事そうに所持していた
 事件の行方には、当時、日本中が注目。
 現場の旅館が大繁盛するなど話題となった。
        (2012年1月17日06時03分  スポーツ報知)    

|

« いつ実現? 中央線、山手線新駅構想 | トップページ | 座礁、客より乗員や船長が先に逃げた。 »

04  気になった事件・事故」カテゴリの記事

04  気になった事件・事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/43766182

この記事へのトラックバック一覧です: 昭島市で、平成の阿部定事件?:

« いつ実現? 中央線、山手線新駅構想 | トップページ | 座礁、客より乗員や船長が先に逃げた。 »