« 外ナンバー又は青ナンバーのこと。 | トップページ | 震源・富士山付近の地震に想う。 »

2012年1月27日 (金曜日)

渋谷・道玄坂は違法ハーブが匂う街

 大学生ら若者に広がっている大麻だが、ハーブも同じような効果があると言う。
  この大麻と似た作用の物質を含むハーブがネットの輸入ショップやオークションでも堂々と売買されているそうだ。
   違法ハーブの代表は、「スパイスゴールド」「スパイスダイアモンド」などの商品名で流通するスパイスシリーズだ。
 この脱法ハーブを、渋谷区の道玄坂の路上で25日夜、ハーブを吸った10代の少年3人が救急搬送されたそうだ。
   場所は正確には紹介されていないが、道元坂近くの百軒店あたりであろうと推測する。
 百軒店は道玄坂や文化村通りの裏手にあたり、車の通り抜けが出来ないこじんまりとした昭和ノスタルジーを感じらせる街だ。
 小路の奥には千代田稲荷神社が佇んでいるところをみても、意味深な地域と見ることができる。最近は人通りが少ないが、数十年前は渋谷で一番の賑わいを見せた所だ。

 問題のハーブを売る店舗も、この近くにあるのだろうと思う。
 その店では、勿論、薬事法規制成分の含有なしとうたっていることであろう。。
 渋谷の道玄坂や百軒店界隈は、昭和ノスタルジーと違法ハーブの匂いが漂う街だ。

   後刻、この店は渋谷区道玄坂2-21-1「街のハーブ屋さん」と判明した。
-----------------------------------------------------------------------
渋谷・道玄坂でハーブ吸った少年3人が救急搬送 近くのハーブ店を家宅捜索 
                      2012.1.26  [少年犯罪]
 東京都渋谷区の路上で25日夜、ハーブを吸った10代の少年3人が救急搬送されていたことが26日、警視庁渋谷署などへの取材で分かった。少年らは「近くの店からハーブをもらった」などと話しており、同署は同日夜、傷害の疑いで、同区内のハーブ店を家宅捜索した。 ハーブについては、たばこのように紙巻きにして吸うなどすると幻覚症状が出ることがある「脱法ハーブ」が問題となっており、同署は、少年らが吸ったハーブの成分などを調べている。 同署や東京消防庁によると、25日午後9時40分ごろ、同区道玄坂の路上で、10代の少年3人がハーブを吸ったところ、頭痛や吐き気を訴えて救急搬送された。いずれも命に別条はないという。 脱法ハーブをめぐっては、吸引者が救急搬送されるケースも相次いでおり、福岡県警も26日、薬事法違反の疑いで、北九州市小倉北区のハーブ店を家宅捜索した。

|

« 外ナンバー又は青ナンバーのこと。 | トップページ | 震源・富士山付近の地震に想う。 »

12 その他の情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外ナンバー又は青ナンバーのこと。 | トップページ | 震源・富士山付近の地震に想う。 »