« 気を付けよう「駟も舌に及ばず」 | トップページ | 創価学会の「鶴のタブー」 »

2011年12月 1日 (木曜日)

残念だ。「ユザTDK」閉鎖

 山形県遊佐町の「ユザTDK」には、これまで親戚関係者が何人もお世話になっている。
 この「ユザTDK」が来年には閉鎖するという。

  この会社は昭和43年、秋田県由利郡のTDKの子会社として誕生した。18_ph2
 遊佐町近辺の人達は、これで就職先ができた。
 出稼ぎに行く人が少なくなると喜んだものだ。
 会社らしい会社が無かったこの町では、かつては「ユザTDK」に勤めることは、それなりにステータスとされた。

200人前後の社員を雇用していたはずだ。

  さてTDKは、秋田県出身の齋藤憲三が創業した会社だ。
  秋田県由利郡平沢村(現にかほ市)出身の齋藤憲三は(1898年2月11日~1970年10月31日)秋田県由利郡平沢村(現にかほ市)に生まれた。
 戦後は、衆議院議員となり、科学技術庁政務次官を務めた人物だ。
 若い頃、産業組合中央金庫(現・農林中央金庫)で貸付係をしていた。
 「農家に対する資金の大半は首都圏に行ってしまう。このままでは東北の農家は貧乏の域を脱し得ない」、「この地域から、なんとか出稼ぎをなくしたい。それには働く場所が必要だ」と考えていた人だった。
   いろんなことに挑戦する人だったが、あまりにも失敗事業が多く「2勝98敗の男」とも言われた。
 2勝は「政治家として成功」と「TDKの創業」だ。
 その後、TDKは10数年前、危機に陥ったが、人員削減と工場閉鎖でこれを乗り切った。
 「ユザTDK」も思い切ったリストラを進め、細々ながらよく頑張っていると見ていたが、今回の判断は残念なことだ。


TDK遊佐工場が閉鎖へ 来秋めど46人、鶴岡や酒田に異動
2011年11月29日 11:45 
http://yamagata-np.jp/news/201111/29/kj_2011112900901.php
 TDKは28日、子会社のTDK庄内(鶴岡市、佐々木善伸社長)でデジタル機器向けの電子部品を生産している遊佐工場(遊佐町遊佐)を2012年9月末をめどに閉鎖すると発表した。グループの構造改革の一環として不採算製品の生産から撤退する。
 遊佐工場の従業員46人は鶴岡、酒田の両工場に異動させる予定という。
 遊佐工場では現在、圧電セラミックスの応用製品で、デジタル回路のタイミングを合わせるために用いられる電子部品「チップレゾネータ」を生産しているが、採算が合わず将来性も見込めないため生産を打ち切る。
 遊佐工場は1968年、ユザTDKとして設立。2005年4月のTDK庄内設立に伴い、同社遊佐工場となった。遊佐工場の閉鎖後、TDK庄内は鶴岡(鶴岡市)、酒田(酒田市)、飯田(長野県飯田市)の3工場体制となる。

|

« 気を付けよう「駟も舌に及ばず」 | トップページ | 創価学会の「鶴のタブー」 »

09 遊佐町の関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/43193847

この記事へのトラックバック一覧です: 残念だ。「ユザTDK」閉鎖:

« 気を付けよう「駟も舌に及ばず」 | トップページ | 創価学会の「鶴のタブー」 »