« 国家の背骨にヒビを入れる民主党 | トップページ | 6億円強奪事件、19人目逮捕 »

2011年12月 5日 (月曜日)

大阪府や大阪市のことが気になった。

 大阪ではダブル選の結果、新しく松井一郎知事と橋下徹大阪市長が誕生した。
 問題が山積するとされる大阪が、どのように活性化するか今後が楽しみなことだ。
 ただ、この地域の知識を殆ど持たないので、予備知識を得るため多少調べてみた。
Oosaka27
 大阪は、西日本最大の都市である大阪市(狭義)と、大阪市を府庁所在地とする大阪府を指す地域名称である。大阪は東京に次ぐ都市として、経済、文化、バックアップ面で重要な役割を担ってきている。
 そして、平成23年9月1日現在の大阪府の総人口8,863,280人、世帯数3,862,544世帯もあるそうだ。
 決して、首都東京都と比べて遜色ない規模だ。
 一方「大阪市」は、平成22年現在の人口は2,666,371人で、24区から構成される。

 「大阪維新の会」が掲げる「大阪都構想」は、かつて東京府、東京市を「東京都」としたように大阪府、大阪市を廃止し、新たに「大阪都」を設置する構想だ。
 「大阪都構想」は、大阪府と大阪市の二重行政を解消するメリットはあるという。

 ちなみに東京都は1943年(昭和18年)7月1日、首都の行政機能を強化する目的から東京都制が施行され、東京府と東京市を統合するかたちで東京都が設置された。
 大阪も、その可能性は十分にある。

  まもなく大阪市長に就任する橋下徹氏は、大阪市の24行政区の区長は、現在の局長より強い権限を与え、市長に次ぐポストとすると発表した。
 そして、新たな区長には教育や福祉などの住民サービスをはじめ、基礎自治体分野の政策決定や予算編成を事実上任せる。
 区長は市役所内や民間から公募するという。

 次は大阪都移行計画は着々と進行するであろう。
 今後どのような手腕を発揮し、どのように改革するのか注目が集まる。
 そして、日本全域を覆いつくす閉塞感を打破して欲しいものだ

大きな地図で見る

|

« 国家の背骨にヒビを入れる民主党 | トップページ | 6億円強奪事件、19人目逮捕 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/43240772

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府や大阪市のことが気になった。:

« 国家の背骨にヒビを入れる民主党 | トップページ | 6億円強奪事件、19人目逮捕 »