« 銀杏の葉は鴨の足に似ている。 | トップページ | 「銀だこ」が石巻に本社を移転した。 »

2011年12月19日 (月曜日)

金総書記死去、北朝鮮混乱必至

  さあ、いよいよ朝鮮半島が大きく動き出しそうだ。
 金正日総書記が死去したと、数日遅れで日本に伝わった。
 北朝鮮の混乱は必至で、ドル買いも加速しているそうだ。
 今後、日本などの周辺国には、どのような影響が出るのだろうか。
 当分は目を離すことが出来ない国だ。

金正日総書記が死去、「心筋梗塞」金正恩氏が後継へ
2011/12/19 12:18
【ソウル=島谷英明】北朝鮮メディアは19日正午、一斉に「特別放送」を流して、金正日総書記が17日死去したと伝えた。69歳だった。父、金日成主席の死去を受けて1994年に北朝鮮の最高指導者に就き、周辺国の反対を無視して核開発を進めたほか、外貨稼ぎのため弾道ミサイル開発や麻薬、偽ドル札製造にも動いた。軍部や側近を重用して体制を固めつつ「核カード」を駆使した巧みな外交術で多くの国際支援を得た。
 葬儀委員会の名簿では後継指名している三男の金正恩氏(ジョンウン、28)が筆頭で読み上げられた。独裁体制を敷いた最高権力者の死去により、北朝鮮の混乱加速は必至で、北東アジアの安全保障体制も重大な局面を迎えた。
 北朝鮮メディアによると、死因は心筋梗塞。一時は脳卒中にかかったほか、心臓病や糖尿病も患っていた。今のところ内部抗争やクーデターの兆候は確認されていない。
 このため、当面は軍部中心の集団指導体制を取る可能性もある。異母弟の平日(ピョンイル)氏や、妹婿の張成沢(チャン・ソンテク)朝鮮労働党行政部長らの動きがカギを握るとの見方も出ている。
 94年に金日成主席が死去した時、北朝鮮は1日半たってから死去の事実を発表。同時に追悼大会の日程や葬儀委員長に後継者の金正日氏が就くことなどを発表した。

北朝鮮の金正日総書記が死去 現地指導の途中、69歳 
2011年12月19日 12:49
 【北京共同】朝鮮中央通信は19日、北朝鮮の最高指導者で国防委員会委員長の金正日総書記=朝鮮人民軍最高司令官=が17日、現地指導に向かう列車の中で死去したと報じた。急性心筋梗塞を起こしたとしている。建国からほぼ半世紀、同国を率いた父親の故金日成主席から権力を継承し、親子2代にわたり統治した。
 北朝鮮は独自の社会主義体制の支柱を失い、後継者の三男、金正恩氏を中心とした統治体制確立や核・ミサイル問題の行方が焦点となる。日本など周辺国を含めた東アジア情勢が重大な岐路に立たされるのは必至だ。

有事のドル買い加速=金正日総書記死亡で―東京金融市場
時事通信 12月19日 12時58分配信
 週明け19日の東京市場では、北朝鮮の金正日総書記死亡の報を受け、「有事のドル買い」が加速した。総書記死亡で朝鮮半島の緊張が高まるとの思惑が強まったため。円は対ドルで78円台前半まで下落、韓国ウォンも対ドルで一時前週末比で1.76%下落した。 

|

« 銀杏の葉は鴨の足に似ている。 | トップページ | 「銀だこ」が石巻に本社を移転した。 »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/43433223

この記事へのトラックバック一覧です: 金総書記死去、北朝鮮混乱必至:

« 銀杏の葉は鴨の足に似ている。 | トップページ | 「銀だこ」が石巻に本社を移転した。 »