« 落胆「iPhone4S」とジョブズ氏死去 | トップページ | めぐみさんは必ず生きている。 »

2011年10月 9日 (日曜日)

被災者や被害者の心に寄り添う。

    犯罪や事故、災害などで、突然死亡した被害者の遺族を前にして、慰める何か効果的な技術や言葉はないとされる。
  ただ、有るとすれば、悲嘆にくれる人の心に如何に寄り添うかであろう。
  せいぜい、心の添え木になれたら立派だと思う。
    今回は、これを見事に果たした方の話題だ。216

    折り鶴を黙って、お棺に添える
    ただ、それだけで伝わるものがある。
    どうもありがとう。
    新聞を読んだだけで、朝から涙腺がゆるむ。

【東日本大震災】
折り鶴、棺に添え「遺族の心の安らぎに…」
            警視庁警察官が発案

                                               産経新聞2011.10.9

 1万5800人以上が亡くなった東日本大震災から7カ月を迎えようとしている。
 被災地では今も遺体の身元確認作業が続く。
 一時、仮設の遺体安置所を埋め尽くした身元不明遺体の棺(ひつぎ)。
 その傍らには折り鶴が1羽ずつ添えられていた。「遺族の心の安らぎになれば」。
 被災地に赴いた警視庁警察官の思いが他の多くの警察官らにも伝わった。
  「折り鶴の輪」は広がり、遺族からお礼の言葉が寄せられている。

 警視庁目黒署地域課係長の菅原卓人警部補(35)は、本庁の犯罪被害者支援室に在籍していた3月と4月、宮城県東松島市の体育館に派遣され、遺体の身元確認や引き渡しなど遺族支援に当たった。
 「被害者支援に携わり、大切な人を亡くした遺族の悲しさを自分のこととして感じることができるようになった。
  派遣にあたり、被災者のために何かできないかと考えた」
 被災地から戻ってきた同僚から、棺の脇に置かれた供花が枯れているとの話を聞いた菅原さんは「花の代わりに棺に折り鶴を入れれば、遺族の心の安らぎにつながるのでは」と思い、折り紙300枚を携えて被災地に向かった。

 臨床心理士の資格を持つ菅原さんは、子供と折り紙でコミュニケーションをとることも多く、折り紙は身近なものだった。
 体育館を埋め尽くす棺。
  「ショックは大きかったが、自分にできることを精いっぱいやらなければ」と決意し、泥にまみれた遺体や服を洗い、身元確認の立ち会いをした。
 その合間に鶴を折り、棺に置く所持品や報告書が入ったクリアファイルの中に折り鶴1羽をしのばせた。
 葛藤はあった。
 「折り鶴を遺族がどう思うか。いやな思いをする人もいるのではないか」。
 それでも「今の自分にはこれしかできない」との思いで続けた。

 菅原さんが棺に添えた折り鶴は約60羽。
  2回目に派遣されたときは、周囲の警察官らが折り鶴作りを手伝うようになり、次第にその輪はほかの遺体安置所にも広がっていった。

 身元不明遺体は現在、千人余りに減り、折り鶴の数も減ったとみられる。
 「折り鶴を棺に添えてくれた気持ちを、とても大切にしたい
 母を亡くした遺族から寄せられた気持ちだ。

|

« 落胆「iPhone4S」とジョブズ氏死去 | トップページ | めぐみさんは必ず生きている。 »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/42394610

この記事へのトラックバック一覧です: 被災者や被害者の心に寄り添う。:

« 落胆「iPhone4S」とジョブズ氏死去 | トップページ | めぐみさんは必ず生きている。 »