« 事故の90%は近道行為と省略行為 | トップページ | 今 立っている所を深く掘れ。 »

2011年9月 8日 (木曜日)

悪事千里を走る

  郷里・山形県遊佐町で、公職にある方々の不祥事報道に目が止まった。
  こんなところで、こんな風に紹介するのは不本意だが、あえて「悪事千里を走る」と指摘する。
  犯罪的行為や悪い評判は、たちまち遠方まで知れ渡ってしまうのだ。
 現代社会はインターネットの時代、地球の裏側まで一瞬のうちに知れ渡る。
 これがいい例だ。
 元遊佐町体協会長の名は伏せているが、去年、この職にあった人だ。
 町の人は皆さん知っている。

 

遊佐住民ら、元遊佐町体協会長を提訴 株投資失敗で計5000万円借金
                               2011年09月04日 
 元遊佐町体育協会長の男性(70)が、未公開株への投資で失敗したとして穴埋めのために住民から借りた金を返済できず、貸金請求訴訟を酒田簡裁に起こされたことが3日、関係者への取材で分かった。
 金を貸した住民は少なくとも30人で、総額は約5000万円に上るとみられるが、ほとんど返済されていないという。」
 借金する際、町体協会長の名刺を借用書代わりにしていたケースもあり、債権者の1人は「肩書を悪用した詐欺行為だ」と憤っている。
 原告の1人によると、元体協会長は、元町幹部職員で社会福祉法人遊佐厚生会理事長などを歴任した。未公開株を扱う投資会社に定期的に金を投資し続ける一方、2010年1月ごろから住民に借金し始めたという
 元体協会長は「投資会社に金を振り込まないとこれまでに投資した全額を取り戻せなくなる。助けてほしい」「株券の換金手数料が必要になった」などと話し、2、3日中には返すと約束していた。
 借りた金は実際に投資していたとみられる。
 複数関係者によると、金を貸したのは、分かっているだけで31人。
 金額は1人1200万~20万円。昨年6月に100万円を貸した男性(83)は「元町職員で体協会長だったので、絶対に返すという言葉を信用した」と話す。
 昨年8月、元体協会長と債権者が話し合い、2カ月に1回、年金から20万円を返済する誓約書を提出させたが、返済は滞っている。
 そのため、これまでに債権者6人が貸金を返すよう求め、それぞれ提訴した。
 山形新聞の取材に対し、元体協会長は「裁判中なのでコメントできない」としている。

町教育長「指導足りなかった」と陳謝
  http://yamagata-np.jp/news/201107/27/kj_2011072702104.php
                                                                2011年07月27日
 女性のスカート内を盗撮しようとしたとして、遊佐中教諭志田忠光容疑者(49)=酒田市東泉町1丁目が県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたことを受け、遊佐町教育委員会は27日朝、臨時の中学校長会を開き、再発防止に取り組むことを要請した。
  那須栄一教育長は「由々しき問題で、おわびするしかない。指導が足りなかった」と陳謝した。
 遊佐中によると、同校は22日から夏休みで、志田容疑者は26日午前中、顧問を務める部活動を指導し、午後から年次休暇を取っていた。社会科の教諭として同校に赴任して6年目だという。
 小松博道校長は「指導力があり、校長として信頼する教師の1人だった。
  夏休み前、教職員に対し綱紀粛正を呼び掛けたばかりだったが、あってはならないことが起きてしまった。
  遊佐中だけでなく教育界全体の信頼を傷付け、残念でならない」と話した。
 同校は28日朝、全校集会を開き生徒に報告する。
  29日夜には臨時PTA総会を開き、保護者への説明と謝罪をする予定。

|

« 事故の90%は近道行為と省略行為 | トップページ | 今 立っている所を深く掘れ。 »

09 遊佐町の関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/41519764

この記事へのトラックバック一覧です: 悪事千里を走る:

« 事故の90%は近道行為と省略行為 | トップページ | 今 立っている所を深く掘れ。 »