« 必読、溝口敦著「暴力団」 | トップページ | 東電OL殺人は道玄坂地蔵が目撃? »

2011年9月18日 (日曜日)

物来たればこれに応じて対処する

Photo

 87代警視総監・米村敏朗氏揮毫の「物来順應」がある職場に掲げてあった。Yonemura
  「物来順應」は、朱熹(朱子)の「近思録」からの言葉だそうだ。
 更に調べると、
 君子の学ぶべきは、公正で広い心を持って、何か物事が起こっても動ぜず順応することだ、という意味の一節からとった言葉で、物事が起こったときに動ぜずに順応するということは、いかなる状況においても前向きに精一杯努力する。
 ということだ。深い。

 少しだけ「近思録」に触れると、「論語子張第十九の、
 「子夏曰。博學篤志切問近思。仁在其中矣。」が元になる。
  この、博学・篤志・切問・近思という学問の方法論の一つとされる近思から、朱熹(朱子)によって「近思録」が編纂されたとされる。
  「近思とは、空論ではなく身近な現実に引き寄せて思索すること。
 そう言えば、以前「近思寮」という名称の建物を見かけたことがあったが、相当に学識ある方が名付けた名称と見た。
  「近思録」は、二十歳頃、図書館で一度手にしたが難しすぎて直ぐ置いてしまったことを思い出した。

  さて、 23年9月17日(土)の産経新聞一面に、
 「物来順応」 「呑舟之魚」で道開け 元警視総監・米村敏朗の論文が掲載された。
 政治家と「矜持(プライド、信念)」が無縁になって久しい
 と手厳しいが、最近の政治現状の確信を突いた一言だ。

■「呑舟之魚」で道開け  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110917/plc11091703100007-n1.htm 
                                2011.9.17
 

|

« 必読、溝口敦著「暴力団」 | トップページ | 東電OL殺人は道玄坂地蔵が目撃? »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/41767396

この記事へのトラックバック一覧です: 物来たればこれに応じて対処する:

« 必読、溝口敦著「暴力団」 | トップページ | 東電OL殺人は道玄坂地蔵が目撃? »