« 「宇宙戦艦ヤマト」ワープ実験成功 | トップページ | 一罰百戒、ピスト利用の有名人検挙 »

2011年9月29日 (木曜日)

HV「アクア」は1㍑当たり40キロ超

 トヨタが年内にも発売する小型ハイブリッド車(HV)の燃費等が明らかになった。
 車名はアクアAQUA」という。Image_4
 燃費性能は、実際の走行に近い新基準でガソリン1リットル当たり40km超だというから凄い。
 主力HVプリウス「PRIUS」の1リットル当たり約32kmを上回り、世界最高の燃費となる。
 価格はプリウスより約30万円安い170万円前後だそうだ。
 この調子で走行距離が伸びたら、来年辺りにはリッター50キロ超か。日本の物づくりは凄いの一言だ。

トヨタ新HV、燃費世界一…リッター35キロ 読売新聞 世界最高の燃費性能を備えたトヨタの小型ハイブリッド車「アクア」(トヨタ自動車提供)  トヨタ自動車は15日、12月下旬に発売予定の小型ハイブリッド車(HV)「アクア」の燃費性能が、ガソリン1リットルあたり約35キロ・メートル(燃費測定新基準)となり、「プリウス」の32・6キロ・メートルを上回って世界最高になると発表した。  アクアは、世界70か国以上で販売されている小型車「ヴィッツ」がベースになっている。排気量1・5リットルのエンジンと高出力モーターを組み合わせ、これらを制御するHVシステムを小型・軽量化したのが特徴だ。海外ではプリウスの知名度を生かして「プリウスc」の名前で販売する。価格は160万~170万円になるとみられる。

トヨタが世界最高燃費のコンパクトHV「アクア」投入へ
                                                 産経新聞 9月28日(水)配信
 トヨタ自動車が、年内にも発売するコンパクトハイブリッド車(HV)の概要が、28日までにわかった。主力小型車「ヴィッツ」の車台をベースに、1500ccエンジンとHVシステムを組み合わせ、従来の「10・15モード」基準でガソリン1リットル当たり40キロ超の燃費性能となる見通し。
 実際の走行パターンに近い新基準「JC08モード」でも、燃費は40キロ弱となる見込みで、HVの看板車種「プリウス(同32キロ)を上回り、世界最高となる。
 コンパクトHVは、今年12月の東京モーターショーで公開される予定。トヨタはプリウスシリーズとは別のブランドで展開する方向で、新しいブランド名として「アクア」などが検討されている。価格はプリウスより安い100万円台後半で調整しているとみられる。
 国内の自動車市場では、消費者のコスト意識の高まりなどを背景に、低燃費の新型車投入が相次いでいる。
 昨年秋にホンダがコンパクト車「フィット」にHVモデルを追加し、それまでトヨタしか達成していなかった30キロ超(従来基準)の燃費性能に対抗。さらに、今年6月にはマツダが、ガソリンエンジン車として同30キロの「デミオ」を発売。
 今月20日には、ダイハツ工業が同32キロの新型軽自動車「ミラ イース」を投入するなど、燃費競争が激しくなっている。
 来年には、三菱自動車も従来基準よりも厳しい新基準で、約30キロの低燃費・低価格コンパクト車の投入を計画しており、市場ではリッター30キロ台も絶対的な低燃費性能を誇示する状況ではなくなろうとしている。
 このため、これまでプリウスで消費者に燃費性能の優位性をアピールしてきたトヨタは、他社に先駆けたリッター40キロ級の新車投入で、低燃費のトップランナーの座を死守する考えだ。

|

« 「宇宙戦艦ヤマト」ワープ実験成功 | トップページ | 一罰百戒、ピスト利用の有名人検挙 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/42090812

この記事へのトラックバック一覧です: HV「アクア」は1㍑当たり40キロ超:

« 「宇宙戦艦ヤマト」ワープ実験成功 | トップページ | 一罰百戒、ピスト利用の有名人検挙 »