« 究極の護身「君子危うきに近寄らず」 | トップページ | 世界一の宇宙技術を生かせ! »

2011年8月 7日 (日曜日)

「在日認定」という言葉を知った。

 韓国人や韓国マスコミによる「在日認定」という言葉があることを知った。
 韓国人にとっては世界で活躍する優秀な日本人は、皆、在日であって欲しいという期待も含まれているそうだ。

 「在日認定」とはウィキペディアでは、ある人物を事実や根拠の有無にかかわらず在日コリアンやコリアン系の人物であると認定すること。
 とある。
 このブログでも、「なぜ芸能界に「在日」が多い?」遺伝子は異国の土地で花開く-と記載したことがあったが、ここ数ヶ月多くの反響がある。
 きっとインパクトの強い内容だったのだろう。
 何もブログで、韓国人を差別しようと思っているわけではない。
 良かれ悪しかれ、地理的にも一番の隣国として歴史の中でも、中国同様に強く影響し合う関係は続いて来たし、これからも永遠に続くことになる。

 特に戦後、いろんな理由で日本国内に滞在することになった在日の皆さんは、日本人になり切ることが保身になったことは理解出来る。
 よって、日韓関係の専門家の文章や意見を掲載し、その補強としておきたい。
  ウィキペディアの「在日認定」に、このような文章がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E8%AA%8D%E5%AE%9A
■台湾の評論家、黄文雄(こうぶんゆう)は、Kou
 「韓国人のナショナリズムが高揚するにつれて、日本に対する韓国起源説がどんどん強くなってきた。そして、神功皇后は新羅人皇女だ、素戔嗚尊は古朝鮮人で、日本を征服して出雲王朝の祖となった、天照大神は百済人で、近肖古王のふたりの王女のひとりであった、などといったさまざまな荒唐無稽な説が出てきた。」
 また、「韓国は武士道だけでなく、天皇、神道、相撲、剣道、茶道、歌舞伎、俳句、和歌、芸者、忍者、日本建築、神代文字、扇子、折り紙、寿司、刺身、納豆、錦鯉や秋田犬に至るまで、あらゆるものを韓国起源だと主張してきましたが、理論は飛躍していて牽強付会、話になりません。」と分析する。

■作家・吉田司は在日コリアン社会で在日認定行為が行われる原因を美空ひばり在日説を基に次のように分析している。P_yoshida_a
 実はもう30年も前から、ひばりの父親・増吉が在日韓国人だという説が存在している。
 主に在日の人々の間で流布している(中略)「(焼肉の老舗)食道園の常連には、戦後を代表する2大スターがいた。
 美空ひばり力道山である。(中略)
 2人は出自を徹底的に隠して、戦後日本の英雄となったと韓国・朝鮮系の人々には信じられている」(中略)
 ひばりの父親が在日だという証拠は、今のところどこを探しても見つかっていない。
 戸籍は増吉も彼の父も栃木県豊岡村となっている。(中略)
 10年前には『週刊文春』が徹底調査して、増吉の在日韓国人説は根拠Imagescaf376zyなしと結論づけている。ひばりが死んだ89年、韓国の『週刊女性』が「ひばりは韓国人の父と日本人の母との間に生まれた」との記事を載せたことに反論して同年8月10号で、日韓両国の関係者多数にインタビュー調査したのである。まず最初に、「ひばりが韓国系であることの根拠?それはずっと昔から言われていたことで、韓国では常識になっています」という韓国『週刊女性』白承悦編集部次長の声を載せ、あちらの国ではもうそれは証明する必要のない定説と化している現実を紹介し、それに対する日本人関係者の反論をこう続けている。
 「美空ひばりが韓国系と言われる根拠は?と尋ねても、韓国内に答えられる人はいない。
 すべて在日韓国人から伝えられた話ですから(ソウル特派員)」
 「韓国の人は誰もがあんなに歌のうまい歌手が日本人であるわけがないという。(中略)しかしだからといって、ひばりさんの韓国系説の証拠にはならない(コロムビア・ひばり担当の馬渕さん)」「ひばりのお母さんはね、以前、韓国系説を聞いて、お父さんが韓国人だったら、もっと親切だったわよって笑ってましたよ(竹中労)」
 また増吉の生まれ故郷・豊岡村の近所の人の声も載せている。
 「増吉さんも私の家も江戸時代から、ずっとこの村にあった農家です。昔は組頭を務めて、私の家より格は上だったらしい。でも、父親の長作さんの時代に没落して、私の家の小作人をやっていた。家は畑の中の小屋みたいなものだったけど。韓国人?そりゃデマだっぺ(加藤實今市市議会副議長)」私も、ひばりに詳しい芸能マネジャーのNさんに訊いてみた。
 「有名人はファンに騒がれると困るから、マネジャーが懇意にしてる店に深夜こっそり行くケースが多い。たまたま担当者が、ひばりと力道山の両方の興行にタッチしてると、同じ店を紹介する。ひばり母娘が、焼肉の食道園に顔隠してやって来たことが、韓国系だという証拠にはならないでしょう」(中略)
 ただこうした度重なる日本人側からの否定にもかかわらず依然として、この説が在日の人々の間で強固に信じられていることも事実である。
 それは一つには、韓国で高まっている反日=韓国ナショナリズムが、いまや在日韓国人をも 半チョッパリ(半日本人)と呼んで侮蔑の対象にする場合が増えたからかもしれない。
 在日韓国人は、祖国から引き裂かれた悲劇の主人公の座をすべり落ち、日本の国の中に、自らのアイデンティティを求める。美空ひばりとは、そのために彼らが必要とする英雄神話の一つなのではないか。そしてひとたび神話として成立してしまったものは、いくらそれと異なる事実や真実をつきつけても、もうその神話は絶対に崩れない。
                           『スター誕生』講談社、1999年

韓国人や韓国メディアによる在日認定
●1998年3月11日付け韓国紙『スポーツ朝鮮』が「ワールドカップ日本代表の中田英寿は韓国系3世」と報じたが、4月11日付で「在日同胞社会で広がった噂をもとに、正確な証明資料もないまま作られた推測記事だった」という謝罪訂正をおこなった。2002年にも韓国紙が中田英寿に対して「(韓国で)あなたが韓国系だという噂があるが?」との質問を行い、「そんな話は聞いたことがない」と中田本人から否定されている。さらに2009年にも韓国のインターネットメディアが中田へのインタビューで、「一部の韓国人は、あなたが韓国系だと信じています」と質問し、中田本人から「私もその話は知っている。しかし事実ではない。私は日本のパスポートを持っているし、両親も2人とも日本人だ。だから私も日本人」と否定されているにも関わらず、「編集者注:ある日本サッカー関係者によれば、日本サッカー界内でも中田の祖父が韓国系だという噂が受け入れられているという」と報じた。

●日本プロ野球の中田翔を「中田は韓国人であるお父さんと日本であるお母さんの間で生まれたが幼い時お父さんが家庭を捨てて不遇な時代を過ごした」と根拠なく報じた。
韓国では原辰徳を韓国の発音でそのまま読めば「ウォン・ジンドク」となることから、原が韓国系であると風説が出回っていた。スポーツソウルはイ・スンヨプが原に韓国系かと質問して原本人に事実無根と否定されたことを報じながらも「もちろん原監督がたとえ韓国系だとしても明らかにしなかった可能性もある」と報じた。

●朝鮮日報が伊良部秀輝が死去したことを報じた際に「妻が在日韓国人3世で、米国人の父と日本人の母の間に生まれたが韓国系という噂もある伊良部氏」と報じた。

●スポーツ2.0が存命中の米田哲也を「日本のスカウトから阪急ブレーブスに入団した米田哲也も韓国系という言葉は聞いた記憶がある」「米田は死ぬまで自分が韓国系なのか否かを言わなかった」と死去した韓国系として報じた。

松坂大輔がボストン・レッドソックスに移籍した際に、MLB.com公式HPでハンドルネーム「moralist」を名乗る人物が「なぜ松坂はコリアンなのか?」という投稿を行った。
この中で、松坂を韓国系とする5つの根拠として
 「1. イチローは韓国野球を軽んじたが松坂は何も言わなかった。 2. 彼はキムビョンヒョンを尊敬している。3.日本人女性のほとんどが韓国人と結婚したがっている、そして松坂の妻は日本人だ。4.松坂の祖父は強制連行で日本に来たと聞いたことがある。5.アジアでは優秀な人は全て韓国人の子孫だ。松坂は優秀なので韓国人」を挙げた。この投稿に対する反応には「この記事破綻した論理の見本として学生達に提示してもいいかい?」「この論理によると、俺はメキシコ人だな。ありがとさん」「韓国人の病んだ精神構造には、日本人も中国人もウンザリしている」などが見られた。

稲尾和久が亡くなった時、 韓国国内で骨格とスタイルと風説を理由に稲尾が韓国系という主張がなされ、韓国メディアが「韓国系として知られ、韓国に来て我が国の選手の指導もした稲尾」と報じた。この中で姜秉徹韓国ロッテ・ジャイアンツ元監督は、「稲尾さんに関して韓国系という噂が流れ、本人がこれを正式には明らかにしなかったが、骨格やスタイルから見て韓国系だと誰も分かっていた」と話している。稲尾の日本プロ野球入団時の同期生だった金永徳前ピングレ監督は稲尾が韓国系と言う言葉を彼から聞いた事がなく、日本でもそんな風説を聞いたことはないと否定し、稲尾が韓国系かどうかを確認するために、日本のスポーツ記者と連絡をとったが「専ら初耳」と否定されている。

●韓国では、安藤美姫という名前の「藤」の字を取り韓国語読みすれば「安美姫(アン・ミヒ)」という韓国風の名前になることを根拠に、安藤美姫の父親が韓国人の間に生まれた在日韓国人2世で、日本で差別されるのを避けるため幼い時に日本式の名前に変えたものであり、日本メディアが安藤美姫より浅田真央を持ち上げるのは、在日韓国人と地元日本人の差であると報道されている。
 これに対して安藤自身からは「親戚の中に韓国人はいません。わたしが韓国人だと期待していた方々には申し訳ないですが」と否定されている。

●金忠植東亜日報論説委員が著書『悲しい列島-永遠の異邦人四百年の記録』(ヒョヒョン出版)で、壬辰の乱直後の1598年日本に連れて来られた陶工の沈寿官家門の14代子孫をインタビューする過程で、佐藤栄作、岸信介、安倍晋三は韓国系と明らかになったという根拠が乏しい発表をし、それを韓国のインターネット新聞が「安倍晋三官房長官が壬辰の乱以後、朝鮮から日本に渡った韓国人の子孫であることが明らかになって注目されている」「岸総理と佐藤総理はもちろん安倍長官にも韓国人の血統が混じっているわけだ。
 これと共に安倍長官の父親で同時に80年代4期連続日本外相を引き受けた安倍晋太郎にも韓国系が多い山口県出身という事実は、安倍に韓国人の血が濃く流れていることを傍証する。
 『対韓半島タカ派の先頭走者が韓民族後裔だなんて』金委員は本で『日本総理の靖国神社参拜を積極支持するナショナリストに韓半島血統が伝えられているということはまことに皮肉だ』」と言った」という形で報じた。また、『中央日報』も、岸と安倍の家門で家政婦として40年を過ごした久保ウメによる証言として、「パパ(安倍元外相)は誰にも言えないことを私には言ってくれた」「(安倍元外相死去直後)入棺のとき、この人の骨格を見ながら本当に日本人の物ではないと思った」「頭からつま先までまっすぐに横になっていたが、完全に韓国人の体形だ。(安倍元外相)自らも『私は朝鮮人だ。朝鮮』と言っていたが、この人は朝鮮人だと思った」と報道した。
 また、安倍元外相は生前に安倍家の起源は10世紀くらいまで韓半島北で中国大陸にかけて存在した渤海に始まったという考えを持っていたが、日本での安倍家の起源は明らかではないとし、安倍家の起源については「安倍家の本流は青森県だ。安倍元外相が朝鮮だと言ったが、これは今の北朝鮮ではなく、その北と吉林省の下側にあった渤海」と「11世紀平安時代の武将だった安倍が今の安倍家の祖先と一致する」と報道した。20050707org00m200031000p_size6

●2005年放送のNHK歌番組に出演中の韓国人歌手Ryuが「日本の芸能界に在日韓国人が多い」と発言した。これに対して共演中の和田アキ子(両親は朝鮮人)は驚きつつ「え・・多い?」「そりゃ何人かはいるけど・・・少ないねぇ」「確かに何人かはいるけど」「少ないよ」「寧ろほとんどいない」等と応じた。
 するとRyuが共演中の布施明に突然「あなたも在日です」と指摘し、吃驚した布施に「僕は日本人です」と否定された。
 和田アキ子も「日本人。日本人。日本人だよ。え、何、この人韓国人にされてるの?この顔で?この顔が韓国人?これが?この顔が?」「この人日本人」と否定した。Ryuは「どこで誰がそんなことを言っているの?」と怪訝に尋ねる和田に「韓国でそう聞いた」と返答した。

|

« 究極の護身「君子危うきに近寄らず」 | トップページ | 世界一の宇宙技術を生かせ! »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/41114243

この記事へのトラックバック一覧です: 「在日認定」という言葉を知った。:

« 究極の護身「君子危うきに近寄らず」 | トップページ | 世界一の宇宙技術を生かせ! »