« 「市民の党」は山形県月やま会館隣 | トップページ | 極左団体への献金をなぜ非難しない? »

2011年7月13日 (水曜日)

ウド鈴木が映画初主演「一遍上人」

 山形県出身者の俳優やタレントで映画の主演に選ばれるのは、きっと伴淳三郎(本名:鈴木寛定)以来ではなかろうか。
 「キャイ~ン」のウド鈴木(41)が映画「一遍上人」で、僧侶一遍上人役で初主演することになったという。
 撮影も庄内地方なら、二重に目出度いことだ。Photo
   来年5月公開の予定。

  ウド鈴木は山形県鶴岡市藤島出身。
 
お笑いコンビ『キャイ~ン』の主にボケを担当する。
 相方は天野ひろゆき。
  芸名の「ウド」は、名付け親は「夢麻呂」という芸人が、
身長178.5cmの鈴木を見て、「体だけ大きくて何も役に立たないウドの大木だな」と言った事から命名したという。
 そんなことないところを見せて欲しい。

  顔立ちや体型を見ても人当たりが良いイメージだ。
  そんな大衆受けのイメージから主演に選ばれたのであろうか。
  来年5月公開が楽しみなことだ。

-------------------------------
ウドの大役!映画初主演でスキンヘッドに変身!
              スポニチアネックス 7月10日(日)7時2分配信  http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/07/10/kiji/K20110710001178690.html
   お笑いコンビ「キャイ~ン」のウド鈴木(41)が映画初主演することになった。
   来年5月公開予定の「一遍上人」で、鎌倉時代の僧侶一遍上人役。
   ウドは特殊メークでスキンヘッドに変身する。「斜陽」「蜘蛛の糸」などの映画化を手掛けてきた秋原正俊監督がメガホンをとる。
 布教のため全国を旅した貧困の僧侶を演じるウドは、トレードマークの金髪モヒカンから特殊メークでスキンヘッドに変身。体重も10~20キロの減量を目指すという。
 小学4年の学芸会で人生で初めて演じた役が、一遍上人と同じお坊さんだったそうで「南無阿弥陀仏(なみあむだぶつ)とひたむきに唱え続けることを説いた生きざまは美しく、強く、潔く、私とは対極の人間。あえて共通点を挙げるとするならば、旅が好きであるということです」と分析。「人生を、時代をしなやかに旅した一遍上人を、いっぺんでも演じられることに感謝し、ご慈悲の気持ちで頑張ります!」とダジャレを交えて意気込みを語っている。
 
 映画は、この偉大な僧の足跡を弟子が訪ねて絵巻物にした「一遍上人絵伝」をもとに、妻や娘、弟子たちと全国を旅する中、多くの人々と出会い交流する姿を描く。
 全国の地方都市をロケ地に選び、地域に密着した映画を製作してきた秋原監督が、「一遍上人絵伝」を見て「800年以上前に私より広範囲で地域の方々に精神的、文化的な支柱を授けていた」ことに感銘を受け映画化を企画。自身が手掛けた「ルパンの奇巌城」(今年5月公開)で大学教授を熱演したウドを抜てき。「あの作品で見せた強いキャラクター性と、ぼくとつな演技がピッタリと思った」と話している。
 ほかに、俳優八嶋智人(40)の妻で女優の宮下今日子(35)、歌手で女優の玉置成実(23)、橘美緒(20)らが出演する。

一遍上人 
 1239年、現在の松山市に生まれ10歳で出家。
 25歳の時、還俗(げんぞく)したが、相続問題でのトラブルを機に再度出家。全国行脚をしながら「南無阿弥陀仏」と独特の節回しで歌いステップを踏む「踊り念仏」を広め、時宗の開祖となる。踊り念仏は盆踊りのルーツとされる。映画では現代風のダンスも取り入れる予定でウドの踊り念仏も注目されそうだ。

|

« 「市民の党」は山形県月やま会館隣 | トップページ | 極左団体への献金をなぜ非難しない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウド鈴木が映画初主演「一遍上人」:

« 「市民の党」は山形県月やま会館隣 | トップページ | 極左団体への献金をなぜ非難しない? »