« 首相が殊勝なことを言い出した | トップページ | 東電が思い出したくない殺人事件 »

2011年6月 5日 (日曜日)

立川市多額強盗傷人事件の概要

 立川市柴崎町三丁目警備保障会社に対する多額強盗傷人事件の概要
 
この事件の発生場所は、生活圏にあって良く知った場所でもあり、また過去最高額の現金強奪事件でもあることから捜査の進捗には関心深いものがある。

 もっとも、警察の情報公開は捜査に影響しない程度のものだ。
 取りあえず、これまで(6/5)報道された情報から事件概要を整理しておく。
 そして、黒幕など背後関係が早期に明らかになり、このような犯罪は人生を捨てることになる割に合わない事件であることを世間に知らしめたい。
                ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
発生日時~平成23年5月12日(木)午前3時05分ごろ
発覚日時
        日月警備保障立川営業所の男性警備員(36)は粘着テープを
        自らほどいて、午前3時20分ごろ「強盗に入られた」と110番した。
発生場所~東京都立川市柴崎町3-17−12 のマンション1階
                    日月警備保障株式会社立川営業所
被害金品及び傷害程度
    男性警備員(36)の手足や胸を約10カ所刺すなど約2カ月の重傷。
    約70個の麻袋入りの現金約6億400万円、その後5億9953万1209円に訂正。
適用罪名
   刑法240条前段(強盗致傷、強盗傷人)、同条後段(強盗致死、強盗殺人)
 「強盗が人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。」とある。
 今度の事件の適用罪名は、刑法240条前段の強盗傷人であろう。
発生状況
 平成23年5月12日12日(木)午前3時05分ごろ、立川市柴崎町のマンション1階にある警備会社「日月警備保障株式会社」立川営業所事務所にマスクをした二人組2011512_1の男が壊れていた窓から押し入り、事務所内で仮眠していた男性警備員(36)を粘着テープで緊縛し刃物で切りつけ鉄棒で殴るなどし、金庫室のドア解錠に必要な暗証番号を聞き出し、現金5億9953万1209円を奪いシルバー色の高級外車で逃走した。
 マスクをした二人組の男は、その後の捜査で東京都日野市多摩平1丁目の植木秀明(31)と住所不詳(元住居、埼玉県春日部市内の武里団地?)の渡辺豊(41)と判明し逮捕状が交付された。
逮捕の状況
 植木秀明容疑者は、6月1日(水)午前1時前、東京都日野市多摩平1丁目の自宅で発見し逮捕した。2011512
 渡辺豊容疑者は公開指名手配したところ、6月3日(金)未明、捜査本部に男の声で「出頭したい」と電話で連絡があり、捜査員がJR品川駅を指定し、駅前に1人で立っていた渡辺容疑者の身柄を確保した。携行していたバッグには現金約500万円のほか、着替えなどが入っていた。また渡辺容疑者の立ち寄り先から採取された微物と事件現場で見つかった微物のDNA型が一致したほか、同容疑者の血痕が現場に残っていたことが判明した。
犯行に使用した車両
 犯行後、渡辺容疑者と植木容疑者が事件現場から逃走に使用したシルバーの高級外車は、茨城県つくば市の谷田部ICで常磐自動車道から降りたことを確認していたが、付近の空き地から発見した。
 この外車はタイヤを取り換えるなどの車両改造などが、渡辺容疑者が今年1月から乗り始めた車の特徴と一致した。車内に現金や凶器は残っていなかった。
 また、車両を識別する車体番号は削られ、ナンバープレートは外され所有者が分からないよう偽装工作をした形跡があったが、渡辺容疑者が過去に自動車修理工場で勤務した経験を生かし、意図的に工作した疑いがある。
共犯関係
 実行犯と認められる渡辺容疑者と植木容疑者は、面識がなかったとみられ、強盗グループが事件直前に2人を引き合わせ、実行犯に仕立てたと認められる。
 その理由は、両容疑者の携帯電話通話履歴は、事件前日の5月11日から数回の通話が確認されたが、それ以前の1か月間は全く通話記録がなかった。
 これらの携帯電話は、全て利用者が特定されにくい他人や架空の名義で契約されており、事件の関与が発覚しないよう今回の犯行のために準備したとみられる。
 これらの状況から犯罪に手慣れたグループが関与したとみられ、事件関係者約10人のうち残るメンバーの割り出しを急ぎ、全容解明を進める。
 捜査本部は未発見の現金の行方や背後関係など事件の全容解明を急いでいる。
事件余波
 警視庁は6月1日、「日月警備保障」立川営業所の輸送警備を所管する新宿区内の同社事業所を警備業法に基づき立ち入り検査した。
 同社の警備態勢などに不備がなかったかどうかを調べ、問題があれば処分も検討するという。東京都内で現金輸送警備を行っている他の警備会社55社についても順次、検査を行うという。
情報提供は
  警視庁立川警察署
  「柴崎町三丁目警備保障会社に対する多額強盗傷人事件特別捜査本部」
  直通042-524-2348 立川警察署代表042-527-0110
                     
(内線6506,6509,6510)

|

« 首相が殊勝なことを言い出した | トップページ | 東電が思い出したくない殺人事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/40269227

この記事へのトラックバック一覧です: 立川市多額強盗傷人事件の概要:

« 首相が殊勝なことを言い出した | トップページ | 東電が思い出したくない殺人事件 »