« 山形県で定員超過ワゴン転落 | トップページ | しぐさは無意識にあらわれる心の本音 »

2011年5月29日 (日曜日)

6.2「内閣不信任決議案可決?」

日本国憲法第69条
 内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、10日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

 この規定により衆議院で不信任案が通ったら、現政権は不信任を突きつけた衆議院を解散するか、菅直人内閣は総辞職して首相の席を譲ることになる。
 この一大政治ショー「内閣不信任決議案の提出」が、早20110527ければ、6月3日に衆議院で見られる可能性が高い。
  ※「自公、6月2日提出で調整」と修正

 しかし、議院内閣制の我が国では、当然、首相は衆議院で過半数をとっている与党から出ることとなり、野党だけでは可決されることができない。
 与党内の造反がなければ不信任案は通らない。

  現在、衆院は欠員が1で議長は投票しないから、投票総数478人過半数は240人
 与党と与党系無所属議員は313人で、可決に必要な造反は計算上は75人だ。
 ただ社民党6人は不信任案に反対する方針なので81人の造反が必要になる。
 今更ながら、国民は民主党に安易に多数の議席を与えたことを悔いている

 「内閣不信任案」が可決したら、予測される展開は、
①内閣不信任案が可決されたら、菅直人は衆議院を解散し総選挙に打って出る。
   これは、大震災や原発対応が急がれる中で問題視される。
   しかも、被災地では県議会の選挙も延期されているのが現状だ。
②内閣不信任案が可決されたら、菅直人が首相を辞任し、次期首相は民主党内の小沢系から選出される。
③内閣不信任案が可決されたら、賛成に回った議員が中心となり大連立政党を組み、首相は自民から出る。

 この他にも、現状維持と言う様子見の手もあるのだろうか。
 通れば通ったで大変なことだということが分かる。
 菅直人首相は、このような足下を見て強気に振る舞っているのだろう。
 東日本大震災を利用した盗人猛々しい男だと思うが、国民の中には一時無政府状態になってもいいから民主党、そして菅直人は政権から退陣して欲しいと願う声が大多数だ。

可決に高いハードル=社民反対で造反80人超必要-内閣不信任
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011052900173&m=rss
  自民、公明両党が共同提出する菅内閣不信任決議案の採決では、民主党から造反者が出るのは避けられない見通しだ。造反者が多数なら、菅直人首相の求心力はさらに低下し、政権には大きな打撃だ。

 ただ、可決には、全野党と野党系無所属が全員賛成しても、民主党や同党系無所属から75人の賛成が必要で、ハードルは高い。
 衆院の定数は480。欠員1人と採決に加わらない横路孝弘議長を除き、不信任案の可否は478人で決せられる。
 過半数は240。共産、みんな、たちあがれ日本の3党は既に賛成を表明しており、会派「国益と国民の生活を守る会」や野党系無所属を合わせ、159人の賛成は堅い。これに、態度を明確にしていない社民党(6人)が加わると165人で、可決には与党サイドから75人の賛成が必要だ。社民党が反対に回れば、可決のラインが81人に上がる。
 民主党内で、不信任案への同調を求める署名を集めているのは、主に小沢一郎元代表に近い議員。昨年9月の党代表選で小沢氏に投票した国会議員は200人。このうち衆院議員は150人程度で、小沢氏支持のグループではない議員も多い。
 同氏側近は「小沢グループだけで賛成は60人はいく」と強調するが、グループ内からも「展望がないと賛成はできない」(若手)と、同調に慎重な声も漏れる。
 一方、党執行部は、幹部が「賛成だけでなく、欠席でも除籍処分」「不信任案が可決されたら衆院解散」と、処分や解散に言及するなど、「造反予備軍」の切り崩しに懸命だ。(2011/05/29-19:14)

Photo

■過去、不信任案が可決されたのは戦後、吉田内閣で2回、大平、 宮沢内閣で各1回の計4回のみで、いずれも衆院は解散された。

|

« 山形県で定員超過ワゴン転落 | トップページ | しぐさは無意識にあらわれる心の本音 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/40165669

この記事へのトラックバック一覧です: 6.2「内閣不信任決議案可決?」:

« 山形県で定員超過ワゴン転落 | トップページ | しぐさは無意識にあらわれる心の本音 »