« 植村愛の「おくりびと」 | トップページ | 山形県で定員超過ワゴン転落 »

2011年5月28日 (土曜日)

日本の運命を握る吉田昌郎氏

 ここ数日、菅首相が「海水注入の一時中断を指示した、指示してない」の問題が一人歩きしていた。
 結局は現場の所長判断で海水注入は継続されていた。20116
 つまり、不毛の論議が国家を上げて長々と行われていたのだからお笑いだ。

 独立総合研究所社長で原子力専門委員でもある青山繁晴氏は、4月22日に原発敷地内に入って撮影した映像がユーチューブで流されている。
 それまで、原発敷地内に入った専門家やマスコミはいなかったのだから、だらしないものだ
 青山氏は、その折りに福島第一原発の吉田昌郎所長(56)と面談したところ、吉田所長は「政府はやるべきことを『やるな』と言い、やらなくていいことは『やれ』と言う。」とコメントしたというが、その意味がようやくわかった。
2011527
  今度は、福島第一原発の吉田昌郎所長に対して、現場の責任者が指揮命令系統を無視したことから処分を検討しているのだという。
 日本の運命を握る男に何を考えているのか

  佐々淳行氏は「(吉田)所長の判断を支持したい。私も警察時代、現場を見ていない上層部から下りてくるむちゃな命令を何度も握りつぶした経験がある。そのまま従うとさらに大変な事態になるためで、今回も処分すべきは所長ではなく、東電の上層部ではないか」と語る。
--------------------------------
   キレ菅に逆らった男…原発所長“称賛の嵐”も東電「困った奴」
  東京電力福島第1原発で震災翌日、海水注入が一時中断された問題は、官邸の意をくんだ東電が注入中断を指示した形になっていたが、同原発の吉田昌郎所長(56)が命令を無視、“現場の判断”で注入を続行したことが判明、根底から覆された。未曾有の非常時に組織の体をなしていなかった東電は、吉田所長の処分も検討する。
 しかし、事故は現場で起きている。1人の男の決断が事態の悪化を防いだのは紛れもない事実だった。“菅に逆らった男”は一体どんな人物なのか-。
 「事故が今の状況で済んでいるのは吉田の存在も大きい」
 東電幹部がこう認めるように、第1原発では吉田所長の判断によって回避した危機も多い。1号機への海水注入をめぐっては、本店の意向に逆らって注水を継続した。
 その後、視察に訪れた菅直人首相(64)には、放射性物質を含んだ蒸気を抜く「ベント」を進言。そのほかにも、東電本店が発する的外れな指示を突っぱね、現場をまとめてきた。
 吉田所長は1955年、大阪府生まれ。
 大阪教育大附属天王寺中では剣道部の主将で、現役で進学した東京工大では180センチの身長をいかし、ボート部で活躍した。大学院に進んで原子核工学を専攻。79年に東電に入社した。通商産業省(現・経済産業省)にも内定していたが、大学の先輩に勧められて東電を選んだという。
 その後は一貫して原子力技術畑を歩む。3度にわたる福島勤務を経て、昨年6月に同原発所長(執行役員)に就任した。現在、事故収束にあたる2700人の作業員を束ねている。
 社内の評価は「豪快」「親分肌」。普段はおおらかな性格というが、原発事故の発生後は感情を表に出すことが増えた。4月上旬、1号機の格納容器が水素爆発するのを防ぐため、テレビ会議で本店から窒素ガス注入を指示された際には、関西弁で声を荒らげた。
 「やってられんわ! そんな危険なこと、作業員にさせられるか」
 翌日には抗議の意味を込めてサングラス姿でテレビ会議に出席し、役員らを驚かせた。一方で、免震重要棟の廊下で眠る作業員に「もう帰れ」と声をかけるなど部下思いのため、現場の信望は厚い。以前は原発のスタッフを近隣の街に連れ出し、酒を酌み交わすことも多かったという。
 原子力委員会の専門委員で、4月に第1原発を視察した独立総合研究所の青山繁晴社長(58)は東電社員から「自信過剰」「本店に盾突く困ったやつ」との評価を聞いた。
 しかし、「官僚主義の東電の中では、気骨のある人物。現場を知らない本店に口答えするのは責任感の表れだ」と青山氏。元同僚も「発電所のことは自分が一番知っているという自負があるのだろう。それがときには頑固にみえる」と語る。
 元内閣安全保障室長の佐々淳行氏は「(吉田)所長の判断を支持したい。私も警察時代、現場を見ていない上層部から下りてくるむちゃな命令を何度も握りつぶした経験がある。そのまま従うとさらに大変な事態になるためで、今回も処分すべきは所長ではなく、東電の上層部ではないか」と、同情的な見解を示している。
 たしかに、吉田所長の立ち回りによって危機は抑えられている。が、現場の責任者が指揮命令系統を無視したことを問題視する向きもある。
 また、吉田所長は、収束に向けた工程表を持ち出して作業を急がせる本店に「作業員の被曝量をどう考えているのか!」などと反論することも多いという。
 東電は17日に新たな工程表を発表したばかり。現場が独自の判断で動けば動くほど、工程表は絵に描いたモチとなっていく。現場と本店の信頼関係をどう再構築していくか-。

|

« 植村愛の「おくりびと」 | トップページ | 山形県で定員超過ワゴン転落 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/40164027

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の運命を握る吉田昌郎氏:

« 植村愛の「おくりびと」 | トップページ | 山形県で定員超過ワゴン転落 »