« 「代々木ユースホステル」 | トップページ | 旧・酒田市立鳥海中の泥棒検挙 »

2011年5月12日 (木曜日)

日月警備保障で現金強盗事件

 「なぜセコムしていない」と笑えないジョークが生まれそうだ。
 5月12日、東京都立川市内の「日月(にちげつ)警備保障株式会社http://www.nichigetsu.net/」で6億400万円もの多額現金強盗事件が発生した。

 この現金は毎日のように、前日、中央区の東京中央郵便局から運んで来て、翌日の今日には、多摩地区の郵便局に搬送される現金だ。M0835431
 月曜日と水曜日は通常よりも多額だったという。
 被害金額は日本では史上最高らしい。
 この多額の現金を何名で警備していたのだろうか。
 実際は、たった一人で、それも寝ていたのだろうか。
 これで警備していたとは言えないだろう。
 それとも、曜日だけ全力で警備するから「日月警備」なのか?
 事件発生は木曜日だった。
 発生場所は、立川営業所輸送警備部(立川市柴崎町3-17−12 )だ。

 発生概要は、
 平成23年5月12日12日(木)午前3時20分ごろ、立川市柴崎町のマンション1階にある警備会社「日月 警備保障」立川営業所輸送警備部の事務所に二人組の男が押し入Nitigetuり、 中にいた男性警備員(36)を刃物で切りつけ、粘着テープで緊縛し現金を奪い逃走した。
 マスクをした二人組の男は、日月警備保障の警備員(36)が営業所内の仮眠スペースで寝ていたところ、いきなり粘着テープで目をふさがれ、両手を体の前で縛られた。
 男らは、警備員(36)の腕を鉄パイプのようなもので殴ったり足を刃物で刺したりし、「金庫室の金を出せ」と脅迫。同室のドアの解錠に必要な暗証番号を聞き出し、中から現金入りの複数の麻袋を奪って逃走したという。警視庁捜査1課は立川警察署に特別捜査本部を設置して、強盗傷害容疑で二人の行方を追う。

 ところで覚えているだろうか200912
 日月警備保障(株)が関連する事件は、平成20年12月13日午前10時8分~10時54分ごろまでの間、JR中央線・阿佐ヶ谷駅前で現金輸送中、駐車中の現金輸送車から現金が盗まれたことがあった。輸送車には現金約6900万円が入ったボストンバッグなど4つのバッグが盗難される事件があった。
 未解決のはずだ。168661fbf38f41e16e1b0fc958b7af70
 それから、この警備会社では2003年10月にも多摩地区の各郵便局から現金を収集し東京中央郵便局へ輸送する3日の間、現金を積んだままの輸送車を新宿区新小川町の駐車場に止めておいたら、車内から約1億5000万円が盗まれる窃盗事件の被害にあったはずだ。つまり、日常的に大金を放置する癖があった証明でもある。

 警備会社が舞台で発生する事件、特に現金の強奪や盗難事件は、その警備会社の警備員や元警備員が何らかの形で関与していることは常識だ。
 犯罪機会論は、ここでも適用される。
 チャンスがあれば、どんなに真面目そうな人物でも良からぬことを考えるものだ。
 多額の現金を扱う警備関係者は、必然的にそれに関連する犯罪を企てる機会も多くなるという理論になる。
 もちろん、それを実行するかしないかは別の話だ。現金輸送に携わる人数からすれば少ないだろうが、何も知らない一般人よりは格段に高くなる

 しかし、警備会社の間取り、現金輸送車の構造や警備態勢、現金の保管状況、鍵の管理、暗証番号の有無、警備員の資質や性格、その日の警備員の人数、警備員の指導教育、平素の人事管理、現金の回収、輸送経路、一時保管の場所、防犯カメラの場所や撮影角度、非常通報装置の設置状況、集金袋のGPSの有無など関係者しか知らない情報が山ほどある。
 この大なり小なりの情報は、犯人に漏れていた可能性は極めて高い。
 きっと、現金の配送システムは筒抜けだったのだろう。

 当然これらのことは、事件との関連性は捜査の範疇だろうが、こんなに続発しては、杜撰な警備態勢、そして会社自体の無能な管理態勢であることは間違いない。
 このような場合、1:29:300の法則(ハインリッヒの法則)は、必ず適用される。
 300の小さな問題点、
 29の重要な問題、
 これら一つ一つに根本的に手を打たないから、今回のような重大事件が発生する。

 今回の事件の侵入口の鍵は半年以上前から壊れたまま放置していた。
 警報装置も日常的に切断されていたそうだが、この積み重ねの結果が今回の事件とみていい。
 偶発的に起きた事件ではないことだけは明かだ
 先に「なぜセコムしていない」と揶揄したが、物騒な世の中だ。
 相互補填の制度があっても、なんら不自然ではないと思うが・・・・・・・・・・。

■尚、「日月警備保障会社」のホームページでは、このようにPRしている。
日月警備保障会社を理解していただく第1歩として、当社の社名の由来をお話いたしましょう。「日月」の社名は、釈迦のおことば、「日月の光明のImg450133f7de37a能く諸々の幽冥を除くが如く、斯の人、世間に行じて能く衆生の闇を滅ぼせん…」からいただいたものです。
 東京都の警備会社の中では、長い社歴を誇る、私たち日月警備保障株式会社は、日月の光明のように邪悪と戦い、闇を滅ぼし、真の光を第一として社会・得意先に貢献奉仕する精神と責任感をもって、業務に当たることをお約束いたします。
・取締役会長:濱野 守成 Img450134a3301f5

・代表取締役社長:濱野 亘秀
・専務取締役:濱野 元伯
・取締役:赤沼 一広
・監査役:濱野 利枝子
・顧問:常盤 毅
・顧問:秋山 俊寿
:相談役:鎌田 伖喜
  従業員数 男800名 女25名

過去の主な高額強盗事件
約3億3300万円
 1986年11月25日、東京都千代田区の三菱銀行有楽町支店前で、3人組が現金輸送車を襲撃し強奪。フランス人による犯行
3億円
 90年6月4日 2人組の男が東京都練馬区内の社長宅で社長の家族らを監禁し強奪
約5億4000万円
 94年8月5日、神戸市中央区の福徳銀行神戸支店で2人組の男が強奪
約2億2000万円 
 97年8月8日、茨城県下館市のJA北つくば本店で奪われる
約5億4250万円
 2004年10月17日、栃木県南河内町の運送会社「東武運輸栃木」で中国人グループらが強奪
約2億1000万円
 09年3月18日、三重県鈴鹿市のJA鈴鹿本店の駐車場で、2人組の男がを強奪

|

« 「代々木ユースホステル」 | トップページ | 旧・酒田市立鳥海中の泥棒検挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日月警備保障で現金強盗事件:

« 「代々木ユースホステル」 | トップページ | 旧・酒田市立鳥海中の泥棒検挙 »