« 庄内弁は「か・き・く・け・こ」 | トップページ | 「BRICs(ブリックス)」とは? »

2011年5月15日 (日曜日)

なぜ『5月12日』を狙ったのか?

 なぜ犯人は『5月12日』を狙ったのかだPhoto
  この日は、彼我にとって最も好都合の日だった。
 5月12日に事件を解くキーワードがあると思われる。

 現金強奪事件しては過去最高の被害額の「日月警備保障(株)で現金強盗事件」は気になる事件だ。
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-722f.html

 早朝の午前3時ころの犯行のようだが、犯人達は日月警備保障の立川営業所(立川市柴崎町3-17−12 )の間取り構造、壊れた窓の高さや自分が侵入出来るかどうかなどの把握、他にも、事前に綿密な計画を立てて、その通りに行動したはずだ。
 間違いなく数回は下見を行い、防犯カメラの設置場所、NシステムやTシステムなどの存在を把握し、これを避けるために逃走経路も確認していることだろう。
 実に手際がいい事件だ。

 自分自身が犯行を企てることを想定して列挙する。
◎5月12日は木曜日~この日は、犯人達は仕事が休みで都合がいい日だった。
              ※犯人は無職か木曜日は休みだった。
◎5月12日は木曜日~この日は、立川営業所に大金が集まる日だった。
              ※当然、中央郵便局から大金搬入を知っている。
◎5月12日は木曜日~この日は、立川営業所の警戒が最も薄くなる日だった。
              ※宿直は複数ではなく単独であることを把握していた。
◎5月12日は木曜日~この日の、宿直員が誰なのかを犯人は知っていた。
              ※宿直員の性格、体力、反撃能力などを把握していた。
◎5月12日は木曜日~この日の午前3時頃は、周辺環境に犯行に邪魔になる
               出来事は無かった。                   
              ※近隣の深夜営業店、帰宅者などの通行人、新聞や
              牛乳配達など、一般家庭の犬、タクシー等の通行車両、
              夜間工事など
◎5月12日は木曜日~この日の、他の社員の出勤時間等を把握していた。
              ※同営業所の社員数、防犯システム、応援体制、出勤時間、
               業務内容等は熟知している。
◎5月12日は木曜日~この日は、犯人らが大金が必要になる直前だった。
              ※犯人はカネに困っており数日中に支払いが迫っていた。
◎5月12日は木曜日~この日はマネーロンダリング(資金洗浄)に都合が良かった。
                               ※不正な手段で得たカネ(麻薬売買・違法ギャンブル・贈収賄
                                 ・犯罪行為などで得たカネ)の出所を分からなくする。

 思いつくがままに記述してみたが、この他にも同警備会社の防犯システム、武器の種類や準備、武器の使い方の習熟度、GPSの有無、緊急時のマニュアルなどは、犯人としては知っておきたい情報だ。
 いずれにしても情報は筒抜けになっていた可能性が高い。
 情報管理や人事管理は、あって無いに等しい状態だったのだろう。
  国内の現金強奪事件の被害額としては過去最高で、警視庁は強盗事件としては異例の特別捜査本部を設置して捜査中だ。
 この大金は今どこに隠されているのか。
 せめて現金袋や現金輸送車にはGPSを仕込むべきだろう。

Nitigetu

----------------------------------
6億円強奪事件 現金ありか熟知 手際の良い搬出 内部事情に詳しい人物関与か                                 2011.5.15 産経新聞
 東京都立川市の警備会社「日月(にちげつ)警備保障」立川営業所が未明に2人組に襲われ、史上最高額の現金約6億400万円が奪われた事件で、男らは多額の現金が一括で保管されていた金庫室以外は物色せず、小分けにされた現金を数分間で運び出して逃走していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。
 営業所の駐車場の照明が事件の30分前に消されていたことも判明。警視庁立川署捜査本部は会社の内部事情に詳しい人物が犯行に関与したとの見方を強めている。

■金庫室のみ物色
 2人組が侵入したのは12日午前3時ごろ。宿直の男性社員は1時間前に仮眠時間に入った。30分前には駐車場も消灯。
 犯人らはそれを確認して犯行に及んだ可能性がある。
 半年前から鍵が壊れていた腰高窓から侵入したとみられ、ソファで寝込んだばかりの社員を粘着テープで顔や手首を巻き上げて、視界を奪った。窓の鍵がまだ修理されていなかったことを知っている人物の関与が浮かぶ。
 侵入者を感知するセンサーも設置されていたが、作動しなかった。誤作動を防ぐため、宿直の社員がいるときは、切られていたからだ。犯人はそうした事情も知っていた可能性が高い。
 社員の右胸や足を数回刃物で刺し、鉄パイプで腕を殴打。「カネを出せ」「金庫室の暗証番号を教えろ」と迫った。金庫室は一般には知られていなかったが、犯人はそれ以外に物色することはなかった。
 社員から暗証番号を聞き出すと、1人が数分の間に金庫室と出入り口の間を往復し、1万円札が入った袋やバッグなどを運搬。もう1人はソファの社員を監視。
 硬貨ばかりの袋などは残して、紙幣だけ約70袋を出入り口に運び終えると、中から鍵を開け、屋外の防犯カメラから死角になる場所に止めた車で逃走した。
■躊躇せず刺す
 「躊躇(ちゅうちょ)なく人を刺す非情な手口などから、強盗に手慣れた様子がある。営業所の実情を把握し、十分に計画を練った上で襲撃を実行した疑いがある」。捜査関係者は、こう話す。
 事件があった12日未明は現金を奪うには“絶好”のタイミングだった。この日は多摩地区の各郵便局に配送する多額の現金が営業所に定期的に集められている日。夜までに集められた現金は一晩保管され、翌朝には各郵便局に配られる予定になっていた。
 そもそも、この場所に多額の現金が集められること自体が、ほとんど知られていない。近所の住民ですら「大金があるような場所には見えなかった」と話すほどだったが、犯人らは、配送システムまで把握していた可能性が高い。
■「遺留品」なく
 ただ、犯人は不定期で変えられていた金庫室の暗証番号を知らないなど、すべての事情に通じていたわけでもない。
 捜査関係者は「会社関係者に偶然、接触するなどして、何らかの形で内部事情を知った可能性もある」と指摘する。
 現場からは宿直社員を刺した刃物など、犯人の特定に直結するような遺留品は見つかっていない。2人組のうち1人は、金庫室内の防犯カメラに出入りする姿が何度も映っていたが、フード付きコートのような着衣に、マスクをしていたため、顔は分からない。現場から逃走した車はランプが近くの高校の防犯カメラにも映っていたが、やはり特定できていない。
 捜査関係者は「ほかの日でも営業所に現金が集まる日はあった。
 なぜ『5月12日』を狙ったのかだ。
 犯人がすべてを知っていたと先入観を持つことはできない」と話した。

|

« 庄内弁は「か・き・く・け・こ」 | トップページ | 「BRICs(ブリックス)」とは? »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/39993081

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ『5月12日』を狙ったのか?:

« 庄内弁は「か・き・く・け・こ」 | トップページ | 「BRICs(ブリックス)」とは? »