« 恙(つつが)なしや友がき | トップページ | プリウス派生スペース車両価格 »

2011年4月10日 (日曜日)

「仙台東部道路」が防波堤になった

 「仙台東部道路」が津波からの被害拡大を防いだという記事に目が止ま20110408k0000m040110000p_size5った。
 この道路は、平成26年度に仙台港と相馬港とが繋がる予定の仙台商圏の将来を担う重要な道路だという。
 大きな津波被害を受けた地域だが、計画どおりに進めることが出来るのだろうか。

 この道路は、数年前、東北自動車道路から仙台に向かう際、仙台南ICから利用したことがあった。
 妻方の伯父家族が仙台市若林に住んでいるが、年賀状の住所から地図で確認すると「仙台東部道路」の内陸側に家があることが幸いし、被害がなかったようだ。

 現在、日本海沿岸東北自動車道(日沿道)は、新潟県、山形県、秋田県の日本海沿岸を縦貫する工事が進められているが、高速道路自体の津波対策、或いは、地域住民を津波から護るための防波堤としての役割などは期待されているのだろうか。
 山形県の庄内平野は全般に標高の低い地域だ。
 大きな津波が襲来すれば、相当の内陸まで海水が流れ込むことがわかる。

Photo

|

« 恙(つつが)なしや友がき | トップページ | プリウス派生スペース車両価格 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/39554457

この記事へのトラックバック一覧です: 「仙台東部道路」が防波堤になった:

« 恙(つつが)なしや友がき | トップページ | プリウス派生スペース車両価格 »