« iPhone4(アイフォーン)にした。 | トップページ | 福島原発事故は「レベル6」相当 »

2011年3月23日 (水曜日)

「特別権力関係」とは

 大臣風や議員風を吹かせ、偉そうに振る舞う輩は多く見てきた。
 選挙に当選するまでは、懸命に頭を下げるが、当選すると直ぐにふんぞり返る。Topicskaieda1
 面白い人種だ。
 いったい何様のつもりなのだ。
 最近、もっとも不愉快な議員は、海江田万里経済産業大臣だ。

 東京都消防庁のハイパーレスキュー隊は、正に命がけで福島原発原子炉の冷却放水作業を行っている。この放水に関連して、「命令に応じない場合は(消防隊員を)処分するぞ」との圧力があったとされる。
 あまりにも侮辱的発言だ。

 消防官に限らないが、警察官、海上保安官、自衛官などの組織は上下関係が厳しい。
 背後で、「特別権力関係」という理論で動いている組織だからだ。
 「特別権力関係」とは、公法上の目的のために必要な限度において、部下などの特定の者に支配権が与えられ、いちいち法律の規定によることなく命令強制がなされうるという厳しい関係だ。逆の一般的権力関係もあるが触れない。

 このような組織は、根底に身の危険を挺しても国民の期待に応えようとする高い士気が必要になる。
 この高い士気を低下させるのが、組織外の人間が恫喝がましい圧力によって動かそうとする行為だ。

 海江田万里大臣に処分権限があるかどうか知らないが、このような組織を構成する人達の人情の機微を知らない、ただの阿呆大臣の一人でしかない。

 それに、民主党の松崎哲久衆院議員=埼玉10区=が昨年7月、航Crm11011122120252p1空自衛隊入間基地で行われた納涼祭で秘書が運転する車を呼び寄せる際、空自側の規則どおりの対応に不満を抱き、隊員に「おれをだれだと思っているのか」と恫喝ともとれる発言をしていたことが、防衛省幹部や自衛隊を後援する民間団体「航友会」関係者が明らかになった。
 
 とにかく、偉そうに振る舞いたい議員が多いのが民主党だ。

|

« iPhone4(アイフォーン)にした。 | トップページ | 福島原発事故は「レベル6」相当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「特別権力関係」とは:

« iPhone4(アイフォーン)にした。 | トップページ | 福島原発事故は「レベル6」相当 »