« 路面用塗料「ボンライン」のこと | トップページ | アナウンサーのヘルメット »

2011年3月12日 (土曜日)

積極体験・東北太平洋沖地震

 平成23年3 月 11 日(金)午後2 時 46分ごろ、国内観察史上最大規模のマグニチュード8.8を記録する地震が東北地方太平洋沖で発生し、停電や火災、津波などの被害が拡大している。
E99c87e5baa6e58886e5b883
 この時、渋谷区内の職場の3階にいたが、机の配列がずれたり、机上の花瓶が転倒したりした。最初、中規模程度の地震と思っていたが、徐々に左右の横揺れが大きくなり、大型テレビが転倒しないかと手で押さえた。
 この揺れは相当に長い時間に感じられ、震源地や被害規模を心配する。

 窓から外の様子を見ると、高層ビルが左右に大きく揺れ、ビル同士が衝突するのではと心配した。これらビルから道路に飛び出した社員風の人達が道路に溢れ出て、単に右往左往している人や、道路に座り込んでいる人たちが多くいた。
 結局、当社のビル内に居続けたのは小生だけだった。

 大して被害がない場所でも、このような地震の前には、人は全く無力の様子が見て取れた。直ぐに、自宅や子供たちに携帯で電話したが、深夜までつながらず、改めて緊急用伝言ダイヤル登録の必要を認める。

 午後6時すぎ、テレビやネット等では交通情報が少ないので、自分の目で渋谷駅に確認に行くと、JR、私鉄全てが運休していた。駅前ロータリーはバス待ちの人たちで長蛇の列、246や明治通りは大渋滞、歩道は帰宅の足を奪われた人たちで溢れている。

 職場には、臨泊施設は十分にあるのだが、この人たちと同じ体験をしたくなった。
 つまり、渋谷区から東大和市まで徒歩で帰宅するという体験だ。
 距離は概ね30キロメートル、歩けない距離ではない。
 風が強かったので、コート下に薄手のウインドブレーカーを着用し、手袋、折り畳み傘を準備する。そして、コンビニでパンとソーセージとちくわを買い求め、午後7時に職場を出発する。

 このような場合、道に詳しくても大通りを歩くのが基本であり、まず、明治通り、そして青梅街道を歩くことにした。驚いたのは、歩道から車道に溢れた人・人の波だ。
 とても普通の自分の速度で歩くことは出来ない。
 ラッシュ時のコンコースより多い。
 思わず前の人の靴を踏んだり踏まれたりしている。

 耳にはラジオで交通や震災情報を得るが、有効な情報は入ってこないものだ。
 午後11時近く、青梅街道を田無駅近くまで来ると、「西武線が開通しました」と広報車が知らせてくれた。
 せっかくなので電車に乗ることにする。
 結局、徒歩は渋谷から田無までとなった。
 家に入り靴下を脱ぐと、両かかとに穴が開いていた。
 帰宅は深夜12時になったが、テレビを見ながら、改めて甚大な被害を知った。

 東北各地の被害はどこまで広がるのか、今は心配することしか何も出来ない。

災害用伝言ダイヤル(緊急伝言ダイヤル) 詳しい使い方
伝言の登録
1.ダイヤル「171」の後に「1」
2.自宅の電話番号を市外局番からダイヤル
3.伝言内容は30秒以内 例「○○です。無事です。○○にいます」

※伝言保存期間 録音してから24時間
※伝言蓄積数 1電話番号あたり3伝言

伝言の再生
1.ダイヤル「171」の後に「2」
2.連絡を取りたい相手の電話番号を市外局番からダイヤル
(登録されたメッセージを聞くことができます)
 171 + 1 + 自宅の電話番号(市外局番からダイヤル)で伝言吹きこみ
 171 + 2 + 自宅の電話番号(市外局番からダイヤル)で伝言再生

警報・注意報

災害掲示板

避難所情報

運行状況

停電情報

|

« 路面用塗料「ボンライン」のこと | トップページ | アナウンサーのヘルメット »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/39198244

この記事へのトラックバック一覧です: 積極体験・東北太平洋沖地震:

« 路面用塗料「ボンライン」のこと | トップページ | アナウンサーのヘルメット »