« 積極体験・東北太平洋沖地震 | トップページ | 救援は「全力投入」すべきだ。 »

2011年3月13日 (日曜日)

アナウンサーのヘルメット

 今回の地震報道に限らないが、安全な場所にいるアナウンサーが、何故、わざとらしくヘルメットを被って報道する必要があるのだろうか。201103
 アナウンサーの上には大きなライトが上にあるからなのか。

 しかし、アナウンサーの後で動くスタッフは被っていない。
 きっと、撮影しているカメラマンもかぶっていないであろう。

 ヘルメットを被ることで、どのような効果、何を演出したいのだろうか。
 被災地の視聴者や現地の報道関係者との一体感を表現したいのだろうが、それは無理なことだ。
 いつものスタイルで、正確、かつ冷静沈着な報道に徹すれば、それでいい。
 いたずらに不安を煽る必要はない。
   

|

« 積極体験・東北太平洋沖地震 | トップページ | 救援は「全力投入」すべきだ。 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/39203565

この記事へのトラックバック一覧です: アナウンサーのヘルメット:

« 積極体験・東北太平洋沖地震 | トップページ | 救援は「全力投入」すべきだ。 »