« 炭素繊維・広がる自動車利用 | トップページ | 応用出来る「ハインリッヒの法則」 »

2011年2月15日 (火曜日)

憲法で保障された労働三権

 勤労者には、憲法9条より大切な条文があるはずだ。
 なのに知らないと言う無頓着な勤労者が多過ぎる。Photo

 最近、憲法「国民の権利及び義務」のうち労働三権に関して話をする機会があった。
 きっと、ここに記載した程度のことは話したはずだ。
 労働組合の組織の仕方やストライキやピケの方法まで教えた。
 何も労働組合を作れと煽ることではなく、常識程度に知っておくべきだと説明した。
 
 まず、「労働組合を組織すること」は労働者にとっては重要な権利だが、企業や経営者には邪魔になる組織である。しかし、社会的に健全な企業として脱皮するには避けて通ることはできない大切な権利であり制度だ。
 近年、「労働組合」の組織率が低下しているといわれているが、労働組合が組織されない企業に労働者の労働条件の改善は、まず望めないであろう。

  「人間は生まれながらにして人間らしく生きる権利がある。」
 憲法25条の生存権」には、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とある。
 しかし、この生存権だけでは「最低保障」しか保障されないおそれがある。
 これでは、本当に幸福を追求して幸せに生きられるとは言いがたい。
 そこで、全ての人間は「労働の権利」があるということを保障した。
 さらに、憲法28条で、勤労者の団結や団体交渉、団体行動を保障している。

 これでもまだ、勤労者が経営者に対抗するには不足として、
■「労働基準法」には「労働条件の原則」として
第一条  労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。
 2  この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない
 と規定している。
 憲法の精神を受けた重要な条文だ。
 
日本国憲法(第3章 国民の権利及び義務)
第28条【勤労者の団結権
 「勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。」とある。
 この条文は、勤労者の生存の確保のために認められる基本的権利であり、勤労者には「団結権」、「団体交渉権」、「団体行動権」の労働三権が保障されている。

 個別に説明すると、
団結権~勤労者が自らの利益を主張し、守るために団結する権利。
       労働組合を作る権利。
団体交渉権~労働条件について労働者が団体で使用者と交渉する権利。
団体行動権(争議権、ストライキ権)~団体交渉以外の方法で主に労働者が行う団体行動を行う権利。

団体行動の具体的方法
ストライキ(同盟罷業) ~労働者が団結して労働の提供を一時拒否すること。
                 (例:ハンガー・ストライキ(ハンストとも言う))。
サボタージュ(怠業) ~労働は形式的に提供するが作業能率を意図的に落とすこと。
ボイコット(不買運動)~会社の製品を買わないように運動すること。
ピケッティング~ストライキ破りを防ぐために事業所人口に監視ラインを作ること。
ロックアウト(事業所閉鎖) ~労働者側のストライキなどに対抗して、使用者側が
                  事業所を閉鎖し,労働者の労働の提供を拒否すること。

■組合員がストを無視して働くことは「スト破り」と呼ばれ、ストライキ参加者からは忌まれると同時に労働組合の団結を乱したものとして除名・罰金・始末書提出命令などの統制処分の対象となることがある。この「スト破り」を防ぐと同時に、一般人へ目的の正当性を訴える手段としてピケット(ピケ)を張ることもある。

正当なストライキに参加した労働者に対して会社が懲戒処分を与えたり、働かなかったことにより発生した損害を賠償させることはできない。Strike01
  それでは、正当なストライキとは、いくら労働者にストライキ権があるとは言っても、会社とロクに交渉もしないでいきなりストを決行したり、会社がとても対応できないような無理な条件を提示してストを行ったりすれば、これも正当なストとは認められません。
例えば給料アップを会社に要求するのであれば、まずは会社に常識的な範囲できちんと要求を申し入れることが前提となる。そして、簡単に折り合いがつかなければ話し合いの機会を持ち、交渉が決裂してストライキを行う場合でも「○○日までに聞き入れていただけなければストライキを行います」などと、予め宣言しておく必要がある。

■ただし、公務員は「公共の福祉」の観点から労働三権は制限されている。
 特に、警察・消防・自衛隊・海上保安官・刑務官には労働三権全てが認められていない。

ユニオンへの対応
http://www.nagumo555.jp/category/1185834.html

|

« 炭素繊維・広がる自動車利用 | トップページ | 応用出来る「ハインリッヒの法則」 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/38849168

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法で保障された労働三権:

« 炭素繊維・広がる自動車利用 | トップページ | 応用出来る「ハインリッヒの法則」 »