« 自民党・78回定期党大会開催 | トップページ | 「犯罪機会論」を支持する »

2011年1月23日 (日曜日)

第177通常国会1月24日召集

 完全に「死に体」の菅政権に、この通常国会で何を期待できるというのか。
 民主党は間もなく、死ぬ瞬間の苦しみ、断末魔を味わうことになる。

  日本国憲法の第52条には「国会の常会は、毎年一回これを召集する。」とある。
  これが、1月24日(月)召集された「通常国会」の根拠だ。
 国会には、通常国会・特別国会・臨時国会があるが、このうち通常国会は、毎年1月に召集されるのが通例だ。通常国会の会期は150日。

 今年の通常国会は第177回で、会期は1月24日から6月22日までの150日間。
 1回だけ延長できる。
 野党は攻撃の最大のチャンス、これに対して与党は耐え忍ぶことができるのか。
 政府は11年度予算案のほか、64本の新規法案の提出を予定している。
 このうち、11年度予算の執行に必要な予算関連法案は26本。本予算の衆院通過のめどは3月2日(水)になる。
 本予算と予算関連法案の成立のめどは3月31日(木)。
 参議院で可決できない場合は、民主党執行部は衆議院で再議決することになる。

 参議院で野党が多数派を占める「ねじれ国会」で、政府・与党「民主党」が、どのような動きを見せるのか、そして、国民生活に大きな影響が生じる予算関連法案を成立させることができるのか。

 更に会期中、統一地方選は前半戦が4月10日(日)、後半戦が4月24日(日)にある。当然ながら民主党の苦戦が予想されているが、この選挙結果で早期の解散総選挙に追い込むことができるのか。
 民主党政権が続くこと自体が、最大の国益の損失になっていることに気付いているのか。

|

« 自民党・78回定期党大会開催 | トップページ | 「犯罪機会論」を支持する »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/38579136

この記事へのトラックバック一覧です: 第177通常国会1月24日召集:

« 自民党・78回定期党大会開催 | トップページ | 「犯罪機会論」を支持する »