« 万引き犯人の特徴と対策 | トップページ | 一年をジョギングで締めくくり »

2010年12月30日 (木曜日)

2010年「国内ニューストップ10」

 12月30日付けの産経新聞から「国内ニューストップ10」が発表された。
 全般的にパッとしないニュースが中心だが、5位のスマートフォン、7位のイトカワからはやぶさ帰還、8位のノーベル化学賞に鈴木、根岸両氏受賞は、いTrd1012300701001p1ずれも日本の技術力の高さを示す明るいニュースだ。
 それにしても、トップから3位までが民主党がらみが占めており、ふがいない日本の現状を示している。
 意外だったのが「宮崎県で口蹄疫、被害広がる」で、もっと上位に入るものと思っていた。

 国際編のニューストップ10発表は明日以降だろうが、
 記憶に残る重大ニュースとしては、チリ鉱山落盤事故で奇跡の救出、北朝鮮が韓国を砲撃し民間人に死者、ノーベル平和賞に中国民主活動家の劉氏、上海万博開幕、ノーベル平和賞に中国民主活動家の劉氏、内部告発サイト「ウィキリークス」が米国務省公電を公開、機密情報流出のことなどが上位に入ることだろう。

【2010ニュース回顧】
 中国船衝突が外交問題に発展 国内ニューストップ10
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/101230/trd1012300701001-n1.htm

【国内ニュース】
1、尖閣諸島沖で中国船が巡視船に衝突。ビデオ流出波紋呼ぶ
2、参院選で民主党大敗。衆参ねじれ国会の事態に
3、普天間移設で日米合意。迷走の鳩山内閣辞職し、菅内閣スタート
4、「通貨安」競争激化で円高進行。日本企業が四苦八苦
5、ゲーム、映画鑑賞、ネットも自在のスマートフォンが爆発的人気
6、厚労省・村木元局長が無罪。証拠偽造などで特捜検事らを逮捕
7、小惑星イトカワから探査機「はやぶさ」が帰還
8、ノーベル化学賞に鈴木章、根岸英一両氏
9、戸籍のみの「100歳超」高齢者、次々と明るみに
10、検察審査会、小沢一郎氏を政治資金問題で強制起訴議決

番外、宮崎県で口蹄疫、被害広がる
番外、観測史上最高の猛暑、日本列島襲う
番外、露大統領が初めて国後島を訪問
番外、JALが経営破綻 会社更生法適用を申請
番外、サッカーW杯、日本が国外大会初の決勝T進出果たす
番外、大相撲不祥事相次ぐ 朝青龍引退、琴光喜が野球賭博で解雇
番外、横浜地裁の裁判員裁判で初の死刑判決
番外、茨城県取手市の路線バス内で男が乗客を切り付け14人負傷

|

« 万引き犯人の特徴と対策 | トップページ | 一年をジョギングで締めくくり »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/38267623

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年「国内ニューストップ10」:

« 万引き犯人の特徴と対策 | トップページ | 一年をジョギングで締めくくり »