« 急落27%、菅直人政権は末期だ! | トップページ | KY運動(危険予知)の実践 »

2010年11月15日 (月曜日)

海保・一色正春氏を応援しよう!

 悪いことをした中国人船長は無罪釈放、捕まえた側の海上保安官は検挙される。
 こんな民主党政権下では、誇りと自信をもって職務執行が出来ない。Photo
やってられないよ!」そんな声が、ひしひしと伝わって来る尖閣ビデオ流出だ。
 尖閣の中国人船長逮捕事件で、大多数の海上保安官達は「むなしい仕事」と無力感を感じていることであろう。
 真面目に身の危険を顧みず任務を果たそうとする人が評価されず、いい加減で無責任な民主党政権にもてあそばれる。こんな国家では、海上保安官(43)でなくても告発する者がいて当然だし、今回のような愛国的な義挙によって、辛うじて日本人の尊厳が保たれている。
 民主党政権は国内外に恥こそ晒せ国家の尊厳を守っているわけではない。
 そして、尖閣諸島を守っている海上保安庁の皆様には本当にご苦労様と言いたい。
  
■国家公務員法
第100条秘密を守る義務M0106254
 職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。
同法第109条  
 次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
12  第100条第1項若しくは第2項又は第106条の12第1項の規定に違反して秘密を漏らした者   

 尖閣ビデオ流出は、神戸市中央区波止場町所在の第五管区神戸海上保安部の海上保安官(43)が関与を認めているが、この国家公務員法第100条の「秘密を守る義務違反」の疑いで取り調べを受けている。そして、この保安官に心を馳せると胸が痛む。今回の行為は、国を憂いての行為であろうし、正義感から生じた行為である事は間違いないと思う。
 「犯罪とは、犯罪構成要件に該当する違法有責な人の行為である」が、この違法性が極51jxstqdx6lめて薄いと考える。
 それに、国家公務員法の言う「秘密」は、国家機関が形式的に「秘密」と指定しただけでは足りない。実質的にもそれを秘密として保護するに値する本当の秘密でなければならないと解釈されている。(最高裁1977年12月19日決定)
 この秘密は、「一般に知られていない事実」、「守秘することが国益に叶う」か二つの条件があるとされ、仮に海上保安官(43)が起訴された場合は、ビデオの内容が、この条件に合致した内容であるか厳しく審議されるだろうが、まず、逮捕も起訴もされないだろうと予測する。
   
 それに、憲法に保障された国民の知る権利を規制し国家の行方を危うくする売国民主党政権こそが罰されるべきであって、この異常性を国民に知らせ、糾弾するためには、この手段方法しか無かったことを強く主張して欲しい。

第五管区神戸海上保安部の海上保安官(43)は、巡視艇うらなみの主任航海士一色正春氏だという。15日発売の「週刊現代」に実名が出たので紹介させて頂く。
 富山商船高専卒(現・富山高専)で、1998年に海上保安官として採用され、徳島海上保安本部や姫路海保など5管内で乗船任務に就いていた。韓国語に堪能で通訳も可能なレベル(読売新聞)。同僚らは何とか助けようと呼びかけているという。

 そして、「佐々淳行ホームページ」から、海上保安官に対する刑事処分に反対する署名活動に協力しよう。
---------------------------------
 佐々淳行ホームページ  http://www.sassaoffice.com/
「海上保安官に対する刑事処分に反対をするネットの会」 代表 佐々淳行sassa@sassaoffice.com<sassa@sassaoffice.com>

 このたびの尖閣漁船体当たりビデオ流出事件に関し、第五管区の海上保安官が自首し、現在警視庁による事情聴取中です。Photo_2
 この海上保安官のYou Tubeへの投稿は、国益を思い、使命感にかられて行った行為です。国家公務員法の規律違反としての減給、戒告等の処分はやむを得ませんが、守秘義務違反による刑事罰を科すことには強く反対します。私のこの意見に賛同してくださる国民の声を、メール形式の「署名」という形で集めたいと思います。
 法的な力はありませんが、私のできる限りのチャンネルを使って関係各所にはたらきかけるつもりです。そのためには、皆様の「署名」が大変大きな力となります。
 ご賛同いただける方は、下記の「趣旨に賛同して署名する」をクリックしていただき、メールの本文にお名前、ご住所をご記入の上、送信してくださいますようお願いします。
(メールのタイトルは変更しないでください)連名も可能です。
 その場合、お一人ずつご住所をご記入願います。
 これまで激励や「署名したい」旨のメールをいただいておりました方にも、お手数ですがこの形でもう一度ご賛同のご意思をお示しいただけますと幸いです。
 なお、署名はお一人につき1回限りでお願いします。
 また、皆様の責任ある参加を期待し、匿名(お名前、ご住所のご記入がないもの)は無効とさせていただきます。皆様の個人情報は、この目的以外には使用せず、大切に扱わせていただくことをお約束いたします。期間につきましては「当面の間」とし、当サイトからこの署名募集記事が削除され次第、終了とします。
 一人でも多くの方のご署名、よろしくお願い申し上げます。
----------------------------------
神戸市中央区波止場町1番1号  神戸第二地方合同庁舎9階
        (電話078-391-6556)  (FAX(078-332-6307)

|

« 急落27%、菅直人政権は末期だ! | トップページ | KY運動(危険予知)の実践 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

罪に問うとすれば、まるで意識的に日本を貶めようとしているかの様な行動を繰り返す民主党政権と、民主党、民主議員達の方であることは明らかであり、この事態を一時も早く打開するには、テレビ、新聞などのメディアも信頼出来ない現在の日本では、インターネットによって、佐々さんの様な失礼な言い方かも知れませんがあたりまえの愛国心のある方に意見を集め、代弁していただけたらと思います。このまま彼らのような恥知らずに国を預けたままでは、3年後には、日本は見る影も無い惨めな国に変わり果てているのではないでしょうか。

投稿: 斎藤友泰 | 2010年11月18日 (木曜日) 午後 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/37650768

この記事へのトラックバック一覧です: 海保・一色正春氏を応援しよう!:

« 急落27%、菅直人政権は末期だ! | トップページ | KY運動(危険予知)の実践 »