« 平成20年度アパ論文優秀賞 | トップページ | 尖閣ビデオは正しい情報漏洩だ! »

2010年11月 5日 (金曜日)

倫理法人会の『職場の教養』から

 この「倫理法人会」の『職場の教養』は、なかなか含蓄ある話を提供してくれる。
http://www.rinri-jpn.or.jp/index-s.html
H090911a
『職場の教養』 7月号の記事より
朝を生きる   
 皆さんは毎日、気持ちよく朝を迎えているでしょうか。
 「もう朝か・・・。まだ寝ていたいな」とボヤキながら、しぶしぶ起きる人がいるかもしれません。
 生活のリズムを整えるには、決まった時間に起きることです。
 そのためにはまず、眠りにつく時間も極力一定にさせることが大切です。
 就寝時間という軸を動かさないことで、睡眠のリズムを保つ効用があるのです。
 就寝時間を一定にすると、遊び過ぎや働きすぎを抑えるプラス面もあります。
  ともすれば乱れがちな現代人の生活を、程よく調整することにつながるのです。
 毎日、一定の睡眠が得られれば、一定の体力を確保できます。
 仕事は体力勝負であり、十分な活力がない状態では、望むべき成果は得られません。
 「朝を制する者はビジネスを制す」という言葉があります。
 それは単に、朝の時間を活かすだけではなく、朝から人として生きる力を備えた状態を言うのです。
 「一日一生」と考えれば、朝は生命力に満ちた無垢の状態です。
 朝、目が覚めたらサッと起きて、一日を有効に活用したいものです。 
 「今日の心がけ」・・・・朝から精一杯生き抜きましょう。

出し惜しみ
 現代人は、便利な社会に染まっているといわれます。
 その結果、小さくまとまってしまったという見方もあります。
 小さくまとまるとは、大胆さや豪胆さが少なくなったとも取れるでしょう。
 これが、諸種の問題を引き起こす引き金にもなります。
 漢方では、「梅核気」という名で知られる症状があります。
 「ヒステリー球」とも呼ばれ、喉の辺りに異物があるように感じます。
 しかし病気とはいえ、検査をしても何かが見つかるわけではないのです。
 Yさんもヒステリー球を経験した一人でした。
 突然、喉に違和感があり、呼吸困難になりました。それから二年間悩まされたのです。
 上司に「病は気から」と言われ、心のありようを指摘されました。
 例えば朝礼の際には、省エネ的な声の出し方をし、業務中も小さくまとまって大胆な行動とは無縁でした。
 気づかぬうちに自分でストレスをため込んでいたのです。
 Yさんは今、何事も出し惜しみをせず、大胆さを旨として生活しています。 
 「今日の心がけ」・・・・大胆さを持ちましょう。

|

« 平成20年度アパ論文優秀賞 | トップページ | 尖閣ビデオは正しい情報漏洩だ! »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/37468051

この記事へのトラックバック一覧です: 倫理法人会の『職場の教養』から:

« 平成20年度アパ論文優秀賞 | トップページ | 尖閣ビデオは正しい情報漏洩だ! »