« 北教組が赤化教育に励む理由 | トップページ | マムシの捕り方・食べ方 »

2010年10月26日 (火曜日)

在日米軍司令官が交代した

 昨日10月25日、在日米軍司令官の交代式が横田基地で行われた。 Map0
 在日米軍司令官は、日本にある米軍基地のトップであり、「横田基地(Yokota Air Base) 」の第5空軍司令官も兼務している。
 この横田基地は東京都内にあることから日本占領の象徴的基地とされた。所在地は立川市、昭島市、福生市、武蔵村山市、羽村市、瑞穂町の5市1町にまたがる。 敷地面積は7,136,413㎡(約714ヘクタール)と国内最大級の広さだ。
 この基地上空はアメリカに占領され続け、羽田空港や成田空港の離1発着の大きな妨害になっている。石原都知事は就任以来、横田基地の民間航空利用や空域の返還などの働きかけを行っているが、進捗状況は芳しくないようだ。羽田空港や成田空港の最大の弱点は、この横田空域による妨害とされ、石原都知事には後一押し頑張って欲しい課題だ。

 また、ここの「在日米軍司令部」は有事の際の作戦指揮権を持たず、平時における在日米軍基地の管理業務が主要任務とされる。基地内には米軍太平洋空軍特別捜査局 O.S.I(Office of Special Investigations )の本部があり、軍隊内の違法麻薬使用などの犯罪や白人至上主義者など人種差別の問題に対策を執っているとされる。
  在日米軍司令官は当然、格付けが高く占領当時のダグラス・マッカーサー以来、極東司令部の司令官は6代にわたり陸軍の四ツ星の大将が務めていた。
 日本占領政策が終わり日米安保体制が定着すると、「第5空軍司令部」が府中から横田基地に移転し、米空軍の三つ星(中将)の司令官が在日米軍司令部を統括するという体制が執られ現在に至っている。
 在日米軍司令部の上にはハワイの「太平洋軍司令部」がある。
 太平洋軍司令官は、歴代海軍出身の四ツ星の大将だという。
 指揮命令系統は、米大統領米太平洋軍司令官在日米軍司令官となる。
 悲しいかな日本の平和は、このような流れで守られている。0163_2
 当然のことだが、
日本の左翼政党が指導する反戦運動で平和が守られているわけではない。
 なお、下段の記事の中に久々に「地政学」という言葉を目にした。
 地政学とは Geopolitik:ゲオポリティクとも言われ、戦争の学問でもある。地理的な環境が国家に与える政治的、軍事的、経済的な影響をマクロの視点で研究する極めて重要な学問とされる。教えているのは防衛大学くらいか。以前は、亜細亜大学に教える教授(故・倉前盛通氏)がいたが最近のことは不明だ。
 この地政学ゲオポリティクを日本ではタブー視する、愚かな国なのだ。
---------------------------
 在日米軍司令官が交代=フィールド中将が就任
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010102500403
 米空軍のバートン・フィールド中将は25日、エドワード・ライス中将に代わって在Photo日米軍の新司令官に就任した。横田基地(東京都福生市など)の第5空軍司令官も兼務する。フィールド中将は統合参謀本部の戦略企画政策副部長を経て、アフガニスタン・パキスタン担当の米特別代表上級軍事顧問を務めていた。
 在日米軍司令部がある横田基地では、この日午前10時半から司令官交代式が行われ、ルース駐日米大使、ウィラード米太平洋軍司令官らが出席。フィールド中将は「日米同盟はアジアの平和と安定のための地政学上の中心であり、不可欠だ。その発展に一層努力したい」と強調した。2008年2月から在日米軍司令官を務めたライス中将は、ランドルフ空軍基地(テキサス州)の航空教育・訓練軍団司令官に就任する。(2010/10/25)

■横田基地 第374空輸航空団 司令官交代式

|

« 北教組が赤化教育に励む理由 | トップページ | マムシの捕り方・食べ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在日米軍司令官が交代した:

« 北教組が赤化教育に励む理由 | トップページ | マムシの捕り方・食べ方 »