« 蓮舫大臣は議員バッジ着装無し | トップページ | 10/16(土)箱根駅伝予選会 »

2010年10月14日 (木曜日)

公益大学の発達障害学生支援

 発達障害の俳優として、トム・クルーズは知られている。また最近では、ある皇族がその傾向が強いとされる。 20101014
  発達障害は、知能的には問題がないが字が読めなかったり、九九が覚えられなかったり、真っ直ぐ字を書くことができないなどの学習障害がある状態を言う。このような障害を克服することを目的に、酒田市の公益大学が学生支援GPに選定されている。

  同大学のHPには、
 「公益大学には、聴覚障害言語障害下肢機能障害等の学生が在籍しています。個々の障害に合わせて、何が出来るか考え「障害があって困っているのであれば、障害の部分だけサポートする」ことにしています。例えば、下肢機能障害の学生は車椅子を利用していましたが、大学が新しく、バリアフリーに対応した学生研修寮(ドミトリー)がキャンパス内に立地しているなど、設備も整っていますので特別の支援がなくても修学することができ、昨年卒業しました。」と広報している。
  学生支援GP採択大学は、公益大学の他、富山大学・信州大学・プール学院大学Image1_file0110082917453232327sがあるそうだ。
  10月14日の読売新聞に、「公益大学で10月9日は、「インクルージョン社会論」の授業が行われ、15人の学生が視覚障害者の移動介助や点字名刺作りなどを体験したと掲載された。」と掲載された。
 同大学の隣町・遊佐町の遊佐病院の佐藤国蔵先生は、「点字楽譜の始祖」として知られている。
 つまり、障害者学習の先駆けの人であった。
 http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-faf4.html
 公益大学では、このような人物が近くに居たことを合わせて教えて欲しいものだ。
   山形県遊佐町の順仁堂・遊佐病院に立つ碑文には、Photo
 「佐藤国蔵は慶応三年(1867年)遊佐町高砂七七医師意泉の次男として生れ、大志を鳥海山に誓ひ上京、明治20年東京大学医学部別科を卒業、医術開業前期試験合格後失明状態に陥る。止むなく明治22年官立東京盲学校鍼治科入学、更にヴァイオリン科に進み、明治27年「点字唱歌の譜綴り方」を著わし点字楽譜の祖となる。悲運の迂回五ヶ年、医術は進歩し奇しくも開眼、後期試験合格、月光川の鮭のごと遊佐に還って地域医療に灯を掲げ、明治42年(1909年)文明開化の世を太く短い人生を閉じた。」とある。

みんながリンクしたニュース
http://ceron.jp/site/z-shibuya.cocolog-nifty.com

|

« 蓮舫大臣は議員バッジ着装無し | トップページ | 10/16(土)箱根駅伝予選会 »

09 遊佐町の関連情報」カテゴリの記事

10 酒田市の関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/37226183

この記事へのトラックバック一覧です: 公益大学の発達障害学生支援:

« 蓮舫大臣は議員バッジ着装無し | トップページ | 10/16(土)箱根駅伝予選会 »