« 日本一の遊佐町「杉沢土偶」 | トップページ | 酒田の新高校名は「酒田光陵」 »

2010年10月12日 (火曜日)

民主主義は最高でないが最善!

 現段階の政治体制は、議会制民主主義がベター(最善)と考える一人だ。
 世界の近代史は、どのような政治体制が理想か模索され続けた歴史でもあると見ている。悲しいかな、我が国のように敗戦で押しつけられた政治体制もあるが・・・・・
 最近、尖閣諸島や劉暁波氏の言論弾圧などに関連し、共産党一党独裁国家・中国や三代世襲が噂される「北朝鮮」を批判することが多い。
 これを機会に、国家の政治体制に関して少し勉強しておきたい。
 結論から述べるが、民主主義は多数者による支配とも言われ、国民の「多数者の意志が議会に反映される」ことでベスト(最高)ではないがベター(最善)と考える。
 反面、少数意見をどのように尊重するかは永遠のテーマとなる。
 古代から近代にかけて、奴隷制、直接民主制、神権政治、王政、軍事独裁など様々な社会形態、政治・経済形態が存在したが、取捨選択、あるいは淘汰されてきた。
 少なくとも第二次大戦後は、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)やソビエト社会主義共和国連邦などの社会主義国家よりは、「議会制民主主義」の国々が国民の基本的人権を尊重した健全な国家として存在していると思っている。

共産主義・社会主義国家の特徴と問題点
 資本主義で生じる『資本の格差』をなくすため、私有財産を無くしたり、生産手段を共同管理、計画管理して人民に平等に分配する考え方で国家を治めるやり方。
 最初の社会主義国家はソ連だったが、ソ連崩壊後は、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、ベトナム、ラオス、キューバなどである。
 この国々の最大の特徴は、選挙がないから民意は反映されない
 よって、国難や政策の失敗があっても、選挙が無いため、政府に責任を取らせる事ができないから、国民の不満は革命や暴動に発展するおそれがある。
 一々革命や暴動を起こされては困るので、国民の不満のはけ口や不満を抑える目的に、どうしても国民を弾圧したり騙すことになる。
 その具体的方法は、
言論の自由を剥奪し、メディアをコントロールする。
  国民を騙すために、テレビ、新聞、インターネット情報などは全て検閲される。
  劉暁波氏のノーベル平和賞受賞ニュースを流れる寸前にテレビ放送を遮断した。
反政府的な思想を持つ人物を拘束する。
  共産党独裁政治や天安門事件を批判した、劉暁波氏の言論弾圧など朝飯前だ。
国民の不満の矛先を変えるために、仮想敵国を作り別の不安を煽る
   例えば、日本が攻めてくるので、それに備える必要がある。今、景気がよくないのはそのためだ。今こそ、国民が一致団結すべきだと煽動する。
128512178519516107692
 「社会主義国」の良い点は?、上意下達(じょういかたつ)で物事が決まるから国家機能が迅速に動く点がある。
 しかし、社会保障制度を徹底しようとしたり、常時、人民を監視するためには「大きな政府」が必至とされる。
 「人民を弾圧する目的」で組織された人民解放軍は、常備軍243万人と予備役(民兵を含む)100万人の計343万人は、中国共産党の私兵とされていたが、その一例だ。
  日本人評論家が、中国13億の民を統治するには「社会主義国」が適しているという意見を語ることがあった。それはイコール、大きな政府と共産党による人民弾圧を応援する声に聞こえた。
 それに、中国の社会主義市場経済を導入した一国二制度は、戦前の国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)とソックリと言われる。
 中国が、人権、領土、経済面などで諸外国とイザコザが絶えない理由はこれだ。

民主主義国家の特徴と問題点
 国民による選挙があるため政権のスムーズな交代が可能になる。
 例えば、国難や景気が悪化した場合、その責任は政権与党が負い、次の選挙で落選させ政権交代が可能となる。国民の不満は政権交代という方法で、吸収することが可能となる。 また、政権を奪取を狙う野党は、常に与党を批判し見張っているので、共産主義・社会主義国家の常套手段である、言論弾圧やメディアコントロールも仮装敵国を作ることはできないし、やる必要もない。
 一見いいことばかりのようだが、議論の積み重ねが重要視されることから意思決定が遅いここと、少数意見をどのように尊重するかは永遠のテーマとなる。それに大衆世論が必ずしも正しいとは言えず、その世論はマスコミによって誘導され易い脆い側面がある。

結論
 繰り返すが、民主主義は多数者による支配とも言われ、国民の「多数者の意志が議会に反映される」ことでベスト(最高)ではないがベター(最善)と考える。
 共産党一党独裁国家である中国では人民弾圧は常識である。
 また、中国は隣国や敵対国に対する侵略や先制攻撃も辞さず、時には挑発行為で相手に攻撃させ、開戦の正当性や大義を主張する覇権国家であることは間違いない。
 このように、民主主義国家と価値観の全く相反する、社会主義市場経済を導入した一国二制度の共産党一党独裁国家「中国」の存在は、隣にドイツ・ナチスのような国があると思えば理解し易い。
 東シナ海や尖閣諸島での中国の振る舞いを見れば、正に「隴を得て、蜀を望む」という故事が当てはまる。 「ろうをえてしょくをのぞむ」と読むが、望みが一つかなうと、また別の望みが出てくる。人の欲望に限りがないことのたとえ。

現在の社会主義国家
 中華人民共和国、北朝鮮、ベトナム、ラオス、キューバ。
  沿ドニエストル共和国(モルドバから独立を主張する旧ソ連共産党系の国家)

800pxcommunist_states

|

« 日本一の遊佐町「杉沢土偶」 | トップページ | 酒田の新高校名は「酒田光陵」 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/37163958

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義は最高でないが最善!:

« 日本一の遊佐町「杉沢土偶」 | トップページ | 酒田の新高校名は「酒田光陵」 »