« 明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏の論文 | トップページ | 緊急拡散「尖閣ビデオ」の真実 »

2010年10月31日 (日曜日)

中国の史上最大級情報戦争

 田母神氏は、国家防衛のプロの視点から最近の日中関係を憂う。

田母神氏が激白「中国に史上最大級の情報戦争を仕掛けられた」2010.10.31
 “草食系国家”になった日本を、市井の立場から牽引する田母神氏。
  もはや「有事」であると冷静に語った。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議でベトナム訪問中の菅直人首相と、Plc1010310001000p1中国・温家宝首相との日中首脳会談は29日、中国側の拒否で中止となった。
 依然として続く沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の余波。
 中国では反日運動が収まらず、今週末も各地のデモなど緊張感が高まっている。一方、日本では、元航空幕僚長で軍事評論家の田母神俊雄氏(62)が先頭に立って抗議運動を展開している。田母神氏の目に事態はどう映るのか、直撃した。(聞き手・小川健)(夕刊フジ)

田母神氏が会長を務める「頑張れ日本!全国行動委員会」が今月2日、東京で行った抗議集会には3000人もの人数が集まった。31日にも名古屋で抗議集会を予定している。中国も敏感に反応すると思うが--
 ◎「そんなことは想定の範囲内。ただし、彼ら(中国)のデモと日本のデモは異なる。われわれは100%“民製”で、中国国民や中国国旗の尊厳を傷つけたりはしない。あくまで日本国民の怒りや憤りを行動で示している。だが、あちらは100%“官製”。尖閣や反日を利用し、共産党や指導部が、(自分たちへの)不満の矛先を変えている。海上保安庁に拘束された船長も人民軍の意を受けた工作員。まともに取り合っては、中国の思うツボになる」
思うツボとは--
 ◎「尖閣での漁船衝突事件をみてもわかるように中国の情報戦略は、
  第1段階として、問題がない事象に言いがかりをつけ
  第2段階で、国をあげて騒ぎたてる
  第3段階で、懐柔策として問題の棚上げを提案し、
          結果的に問題自体を既成事実化する
いまはどの段階か---
 ◎「第2段階にあたる。民衆の扇動を(日本が)深刻に受け止めた時点で、たちまち問題を既成事実化する。(日本政府は)絶対に引っかかってはいけない」
23日に開幕した東京国際映画祭では、中国が台湾の表記をめぐり「中国台湾」にしろなどと噛みつき、台湾人女優が開会式に出席できなかった--
 ◎「イベントの主催者や監督はなぜ台湾人女優を出さなかったのか。巨大な中国市場からの締め出しを恐れて黙殺したのなら、彼らに芸術や文化としての映画を語る資格はない。非常に残念な出来事といっていい」
官製デモの勢いはますばかり--
 ◎「習近平・国家副主席が共産党中央軍事委員会副主席に選出(18日)されるのとタイミングを一にして、内陸部の都市で3日連続の大規模なデモが起きた。日中関係が修復に向けて動き出したときだっただけに、反日的な彼の意向が強く反映されたとみて間違いない。(習氏は)人民軍とつながりが深く、今後、指導部への影響力が強まることが懸念される。日中関係は、すでに『有事』と考えるべき
有事とはどういうことか--
 ◎「直接的な戦争ではないにせよ、尖閣問題を契機に、史上最大級の高度な情報戦争を仕掛けられた。ウソ、デマ、ねつ造。ありとあらゆる情報を駆使して相手国を追い込み、自国の富を引き寄せるのは国際社会では当たり前の駆け引き。政府は、旧自民党政権時代から、こうしたシビアな状況下で、『国家国民の富を守る』という覚悟が欠如している。尖閣問題を機に、国民もその事実に目を向けて、怒りを行動で示すときだろう
尖閣問題の切り札になるビデオも11月1日に衆参予算委の理事が視聴することになったが、一般には実現していない。---
 ◎「ビデオの非公開は“人質”になったフジタ社員の釈放の引き換え条件になった
  可能性が高い。日本が、抑止力としての軍事バランスの均衡がとれていないこと
  につけ込まれた側面がある。初期対応としては即時に公開すべきだった」
それにしても、日本は中国にやられっぱなし--
 ◎「まともに取り合う必要はない。日本人の反中感情が高まると、(日本人による中国製品の不買運動などで)窮地に立たされるのは中国政府。反日デモも、すぐに矛先が(中国)当局に向かい、これを恐れ、中国政府は取り締まりを強化するだろう。中国国民も共産党のご都合主義を見抜き、自由のありがたみを噛みしめるはずだ」

|

« 明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏の論文 | トップページ | 緊急拡散「尖閣ビデオ」の真実 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/37467591

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の史上最大級情報戦争:

« 明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏の論文 | トップページ | 緊急拡散「尖閣ビデオ」の真実 »