« 鳩山前首相らの調整は失敗と見た | トップページ | 悪質なプロパガンダ »

2010年9月 1日 (水曜日)

「新徴組」と山形県遊佐町の関係

 「新撰組」の兄弟組織「新徴組(しんちょうぐみ)」のことをご存じですか。
 「新徴組」を江戸の人は御回りさんと呼んだことが、お巡りさんの語源になっていることや「新徴組」隊士が山形県遊佐町と関係していることを紹介したい。

 関係した新徴組隊士は、越後国福井藩士中川清閑の次男で、「中川一」と言う。
 中川一は、明治になると江戸から鶴岡に入り、後に遊佐郷北目に居を構え、北目村の戸長になる。晩年は、吹浦の菅野(すがの)に移り、自宅に道場を建て剣道や薙刀を教えていたが明治25.8.11、70歳で没する。
 菅野に「高橋泥舟揮毫の墓碑が残る。
 長男・中川寅三は遊佐郷・高瀬村の村長となり、長女・は、遊佐病院「点字音譜の祖」佐藤国蔵先生の妻になった。

 実は、このことは「遊佐ゆかりの人々」を読み返すまで知らなかった。
 この本は、10数年前に父親が郷里から持参してきたもので、軽く目を通してはいたが、この箇所は記憶に留まっていなかった。
 松本良一.菅原傳作著 「遊佐ゆかりの人々」で、「中川一」の項目は遊佐町史編纂委員を務めた菅原傳作氏が担当し、遊佐病院の佐藤克也先生に取材したとある。

 まず「新徴組(しんちょうぐみ)」のことに触れると、京都守護職に就いた会津藩の元で活躍したのが「新撰組(しんせんぐみ)」で、こちらは有名過ぎるほど有名だ。Photo
 しかし、江戸市中取締りに就いた庄内藩の元で活躍した「新徴組」(約169名)は殆ど知られていない。
 新徴組も新選組も、山形県庄内町出身の清河八郎が結成した「浪士組」が母体。
 つまり兄弟組織となる。
 
 「新徴組」の屯所があった場所は、JR飯田橋駅から徒歩数分、千代田区飯田橋1-9-7先、目白通りの歩道に、「新徴組屯所跡T0_1の碑がある。かつて、徳川四天王・庄内藩17万石の江戸屋敷があった近くでもある。当時は外堀に「飯田橋」は掛かって無かった。

  
  幕末、薩摩藩の殺人、強盗、放火などのゲリラで江戸の治安が悪化すると、幕府は庄内藩に江戸市中取締りを命じた。
 当時の薩長は犯罪者集団だったのだ。
 京都守護職の会津藩同様大変な負担だったという。
 庄内藩は、更に江戸の護りの補助的組織として「新徴組」を充実させることになる。
 「新徴組」は1番組から6番組まで6組の編制で、各組は肝煎が一人づついて肝煎の下に小頭5人、小頭の部下は4人、つまり1組は肝煎以下26人の編制だった。
 中川一は6番組の肝煎だったという。
 因みに、新撰組1番隊組長・沖田総司の義兄・沖田林太郎は新徴組の小頭で、沖田総司の姉ミツと屯所で暮らしていた。また、中川一は、新撰組組長・近藤勇とも手紙をやり取りしていた形跡があるという。

  庄内藩預かり「新徴組」の活躍を、江戸の人々は、
 「酒井佐衛門様お国はどこよ 出羽の庄内鶴ヶ岡」、
 「酒井なければお江戸は立たぬ御回りさんには泣く子も黙る」、
 「カタバミはウワバミより怖い」(カタバミは酒井家の家紋) などとうたわれた。
 警察官を「お巡りさん」の愛称で呼ぶが、この御回りさん語源となったという。
 
 さて、江戸の街の維新(革命)前夜は、西郷隆盛指揮する薩摩のゲリラ約500人が、薩摩藩邸を拠点にして、殺人、強盗、放火などの犯罪行為で攪乱していた。
 この方法は共産革命と酷似していたと言われ、目標とした国をゲリラなどで人心を不安に陥れ、幕府(政府)への信頼を失わせ、治安や統治機能の混乱に乗じて、そこに革命支援国(薩摩)から軍隊を呼び寄せる方式をとった。
 「新徴組」は御回り中、ゲリラ犯人が薩摩藩邸に逃げ込むところを目撃する。そして、慶応3(1867)年12月25日、庄内藩と「新徴組」は共に「薩摩藩邸を焼き討ち」を実施するが、これが戊辰戦争の引き金になる。
 薩摩藩邸焼き討ちを取り上げた教科書などは、だから戊辰戦争が勃発したと一方的に庄内藩が悪いように教えるが、その前に、薩摩藩は悪事の限りを働いていたことであり、庄内藩は犯罪の取締り過程で焼き討ちを断行したことを間違えてはならない。

 いずれにしろ、薩長の挑発で戊辰戦争の火ぶたは切られるが、初戦の「鳥羽・伏見の戦い」で、幕府軍は薩長連合軍に惨敗し、将軍は恭順する。幕府軍が敗北すると「新徴組」は庄内藩士と共に庄内へ帰国する。庄内藩に編入された新徴組隊士は、湯田川の旅館や民家37軒に分宿、隼人旅館を本部として部隊を再編した。
 再編した新徴組は 慶応4年7月20日付で編成された庄内藩兵第四大隊に付属、秋田・矢島藩との戦い「椿台の戦い」等に従軍するなど、新政府軍相手に連戦連勝の奮戦をするも、最終的に庄内藩も降伏することになる。この余力を残して降伏した庄内藩に対して西郷隆盛は寛大な処置をしているが、その背景の一つに江戸市中取締りにあった庄内藩に、多大な迷惑をかけた反省もあったとされる。

  明治に入ると、庄内藩士約3,000人は松ケ丘の荒れ野開墾事業に着手、新徴組も参加するが、「新徴組」は関東周辺の出身者が多く、慣れない土地での開墾生活は苦痛を強いられ次々に庄内から脱走した。明治14年7月当時、開墾事業に着手していた名簿には、元新徴組の隊士はわずか11名しか記載されていないという。

 ようやく「新徴組」の隊士の一人「中川一」のことになるが、文政6年1823年生まれで越後国福井藩士として誕生している。天保9年1839年、16歳で武者修行を志し江戸に上る。楊心流柔術や新陰流剣術を修業する。楊心流柔術の戸塚彦右衛門が没後は京橋に道場を開いた。当時、清河八郎の献言で幕府の浪士を集めて、京都の勤王浪士を制圧する案が採用される。「中川一」もこれに応募している。
 ここからは、遊佐病院の元院長・佐藤克也先生の談となる。
 「中川一」は吹浦・菅野に移ると宅地に道場を建てて、剣道、薙刀を教えていた。
 長男・寅三は高瀬村の村長となり、長女・は、遊佐病院「点字音譜の祖」佐藤国蔵先生の妻になっている。

 遊佐町は人口15,594人(2010年7月1日)の小さい町だが、剣道場が「高瀬道場」、「さわらび道場」、「西遊佐道場」、「菅野道場(正式名不明)」、また宮田Kendo01の石垣茂左ヱ門家の「眞武館」など5~6箇所もある町で、当然、剣道人口が多い。
 当然のように剣道が強く、全国大会レベルで活躍している子供達が何人もいる。この基盤には中川一が造った剣道場があったことも、その一つと思っている。
 また以前、遊佐病院のレントゲン技士に中川先生がいたが、この関連も気になる。

 それから、なぜ気安く克也先生などと呼ぶかというと、当時、遊佐病院の医師は4~5人いたが、全員佐藤姓なので、街の人達や患者は下の名前で呼ぶのがImages普通だった。
 当方が怪我で通院していた当時は、この先生方の家族関係は分かっていたが、関係を聞くのは気が引けた。
 この程度の知識なので、克也先生が国蔵先生の孫なのかひ孫に当たるのかハッキリしない。
 最後に、「新選組」に比べ「新徴組」のことは知名度が低く、いずれ歴史から消え去る運命にあるかも知れないが、「新徴組」の隊士の一人が遊佐の町に色濃く血を残していることを知って欲しいものだ。

 鶴岡市居住の作家・佐藤賢一も「新徴組」を書いた小説が新潮社から発売されたようなので、この本も早めに読んでみたい。

Photo

                                                                                                                                 
山形県遊佐町・酒田市の剣道場(主なところ)
高瀬道場
      
代表者 菅原清作
      〒999-8523 遊佐町大字当山字福の中55-7
      電話 0234-72-2215
真武館 代表者 石垣 伸
      〒999-8432 遊佐町庄泉後藤寺39松本俊洋方
      電話 0234-76-2328
さわらび道場 代表者 阿曽 到
      〒999-8317 飽海郡遊佐町大字小松字丸川戸39
      電話 0234-72-3415
西遊佐道場 代表者 綱渕和之
      〒999-8438 遊佐町大字比子字服部興野80
      電話 0234-75-3734
本楯剣志会
      
代表者 池田善彦
      〒999-8134 酒田市大字本楯字南広面3-9
      電話 0234-28-2283
池田道場
      
代表者 池田善彦
      〒999-8134 酒田市大字本楯字南広面3の9
      電話 0234-28-2283

|

« 鳩山前首相らの調整は失敗と見た | トップページ | 悪質なプロパガンダ »

07 処刑・遊郭/江戸時代」カテゴリの記事

09 遊佐町の関連情報」カテゴリの記事

コメント

ネット上で佐々木周作に関しては、この浪士組上洛名簿(尽忠報国勇姓名録)http://www.bakusin.com/eiketu/yushi.htmlにある程度と思います。名前が記録されるだけで、立派なことだと思います。
五番組 【小頭】 山本仙之助
谷 右京、藪田幾馬、関口三千之助、内田作太郎、原田儀助
若林宗兵衛、千野栄太郎、大森浜次、石原新作
【小頭】 森土鉞四郎
山本左右馬(荘馬)、三村伊賀右衛門、玉城織衛、伊東滝三郎
鈴木栄之助、吉田小八郎、佐々木周作
【小頭】 村上常右衛門
吉田庄助、市岡重太郎、中追太助、嶋田利太郎、熱田省吾
高木泰運、高木平左衛門、新井式部

投稿: 管理人 | 2010年10月 4日 (月曜日) 午前 09時13分

私は佐々木周作の子孫になります。新徴組だったそうですが資料がなくて探していたところたどり着きました。

投稿: 佐々木 子孫 | 2010年10月 3日 (日曜日) 午後 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/36460161

この記事へのトラックバック一覧です: 「新徴組」と山形県遊佐町の関係:

« 鳩山前首相らの調整は失敗と見た | トップページ | 悪質なプロパガンダ »