« 面白地名・比丘尼(びくに)交差点 | トップページ | 中国の三十六計に屈した日本 »

2010年9月23日 (木曜日)

尖閣事件を「割れ窓理論」で考察

 子供の門限破りは、親の顔色や反応を見て更に遅れる。 Map_nansei_2
 万引きなど軽微犯罪は、店や警察の措置をみて、次の段階に進む。いずれも、初期の段階で毅然と対応すれば悪化を防ぐことができるとされる。
 「割れ窓(ブロークン・ウィンドウズ)理論 Broken Windows Theory」は、窓の割れた建物を放置しておくと、「この建物は壊しても平気なんだ」と思われ、辺りに「何をやってもいいんだな」という空気が流れ、その建物全部が破壊されるという理論だ。
2010_09
 この理論は、国家間にも適用される。
 今回、中国漁船が巡視船に体当たりしたのは、無防備な日本がどう反応するかを試すための実験だったという。
 これに対して海上保安庁が船長を逮捕して毅然と対応したことは快挙だ。もし衝突されて何もしなかったら、それこそ嘗められっ放しだ。
 
 それにしても、中国の尖閣諸島に対する、あからさまな食指は異常だが、これも日本人、特に日本指導者層の領土防衛に鈍感な点を見破られている証68bだ。
ロシアの「北方領土不法占拠」、北朝鮮の「日本人拉致問題」、韓国による「竹島の不法占拠」、この延長線上に「中国の尖閣諸島に対する食指」があると見れば分かり易い。

 日本は、「何をやってもいい国なんだな」という空気が周辺国に流れ、言いたい放題、やりたい放題のことをしている。
 このように、日本は美味しい国として食指を動かしている国が、隣接しているYomiuri923ことを忘れてはならない。なのに、マスコミは、中国の代弁者のような論調や紙面作り、コメントを繰り返す。
 こんな時こそ「尖閣諸島は日本の領土だ。手を出したら断固たる措置をとる」と、国際的にも国民にも強くアピールするチャンスなのに、それをしない。
 取り上げても記事は小さい。
 9月23日付けの読売新聞2面に「中・台一方的に領有権主張」と日本側の主張が、ようやく掲載された。
 ここ数日、いつ、このような主張が掲載されるか見ていたが、中国側の主張記事の10分の1程度の記事だ。

 日本への食指を断念させるには、直ちに尖閣諸島を護る姿勢を内外に示すことに限る。
 例えば、ヘリポートを造り自衛隊を常駐させることや、米軍海兵隊の訓練基地にしたり、海洋資源開発の拠点島として整備する。
 経済大国、軍事大国・中国に資金援助する余裕があるなら、まず、尖閣諸島海域の地下資源開発を確かなものにしてから検討しても遅くはない。
 日本の領土は、他国に1ミリも譲ってはならない。
--------------------------------
■2004年5月28日、中日新聞にて中国が東シナ海において、日中中間線ぎりぎりの海域で、天然ガスを採掘する施設建設を進めていることが報道されました。
  尖閣諸島周辺を含む東シナ海一帯には、豊富なガス・石油資源が存在しており、その埋蔵量は
 原油1000億バレル以上($39.40/バレル)、
 天然ガス2000億m3($6.68/mmBTU-100万英熱量単位)
 と言われています。

|

« 面白地名・比丘尼(びくに)交差点 | トップページ | 中国の三十六計に屈した日本 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/36883334

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣事件を「割れ窓理論」で考察:

« 面白地名・比丘尼(びくに)交差点 | トップページ | 中国の三十六計に屈した日本 »