« 日本は中国の圧力に屈した。 | トップページ | 「不滅の法灯」と「油断大敵」 »

2010年9月26日 (日曜日)

新版・外国人の参政権問題Q&A

 尖閣沖・中国漁船拿捕事件から、共産党独裁国家・中国の恐ろしさを知り、多51rlpgidul少は「外国人参政権法案」に躊躇することを期待している。

 しかし忘れっぽい日本人は、来春あたり再び「外国人に参政権を」の声が上がる可能性がある。
 この法案は「選択的夫婦別姓制度」と並んで問題が多い。
 ここに、「外国人参政権問題」のバイブル的書籍、百地章著「外国人の参政権問題Q&A」があるので数回に分割してご紹介したい。

■新版「外国人の参政権問題Q&A
      地方参政権付与も憲法違反
                   百地 章 (日本大学法学部教授)/著
〈内容〉
  はしがき
 民生党政権の誕生によって、外国人参政権問題が再び浮上してきた。
 この問題は、平成12・3年頃をピークに自民党内でも盛んに議論されたことがある。しかし、「外国人参政権は憲法違反であって、たとえ地方選挙権であれ付与できない」との意見が党内で大勢を占めるようになり、以後「すでに終わった問題」であると考えられてきた。
 本書の前身である『永住外国人の参政権問題Q&AI地方参政権付与は憲法違反-』が自費出版の形で上梓されたのは平成12年3月であったが、幸い大変分かりやすいとご好評をいただくことができた。国会議員の方々の勉強会などでもご利用をいただいたと仄聞している。また、有力な憲法学者の方々からも嬉しい感想をいただくことができた。
 お蔭で、ささやかな出版物ではあるが、現在、六刷まで版を重ねている。
 また、この『Q&A』は、インターネットにも掲示され、外国人参政権反対違勣にも何がしかのお役に立てたのではないかと思う。Momochi_s
 今回、新たに旧版に加筆する形で本書を出版することになった。『新版 外国人の参政権問題Q&A』とした所以であるが、新たにクエスチョンを6問付け加え、韓国でのその後の動向や二重国籍問題等についても言及している。
 民主党は来年の通常国会で外国人参政権法案を国会に提出するつもりであると聞くが、何としてでもこれを阻止しなければならない。そのため出版を急いだので、不十分なところも目に付くが、何卒ご寛恕をいただきたいと思う。
                平成21年10月15日    百地 章
---------------------------順次引用--
はしがき
Q1 永住外国人は税金を払っているのですから、地方参政権くらい認めるべきではありませんか?
Q2 参政権は人権、つまり「国家以前の権利」ですから、外国人にも保証されるべきではありませんか?
Q3 地方参政権、それも選挙権に限定するならば認めてもよいのでは?
Q4 日常生活に関わるサーヴィス事務に意見を反映させるためでも、選挙権は認められないのですか?
Q5 少数の永住外国人に選挙権を付与したとしても、政治に対する影響力など取るに足らないと思うのですが?
Q6 最高裁は永住外国人に対し、地方自治体レベルでの選挙権付与を認めたのではなかったですか?
Q7 外国人に参政権を認めている国は多いのではありませんか?
Q8 ドイツやフランスが外国人に地方参政権を付与するために、憲法を改正したのはなぜですか?
Q9 永住外国人への参政権付与の問題は、在日韓国・朝鮮人問題だといわれていますが?
Q10 在日韓国・朝鮮人は日本人と同様の生活をしています。地方参政権ぐらい認めてあげてはどうでしょうか?
Q11 在日韓国・朝鮮人に対する差別解消のためにも、地方参政権を与えてはどうでしょうか?
Q12 朝鮮半島からの強制連行に対する謝罪の意味も込めて、地方参政権くらい認めてあげるべきではないでしょうか?
Q13 戦後、在日韓国人の人々は日本国政府によって「日本国籍」を剥奪されたのではありませんか?
Q14 韓国では永住外国人に地方参政権を認めています。相互主義の立場から日本もこれを認めるべきではありませんか?
Q15 選挙にもいけない在日韓国人の人達がかわいそうです。
Q16 民団(在日本大韓民国団)の人々や民主党、公明党などはなぜそれほど参政権問題にこだわるのですか?
Q17 外国人参政権問題を解決するためには、どうすればよいのでしょうか?
Q18 在日韓国・朝鮮人(特別永住者)の人々に対しては、「特例帰化制度」を認めてあげてはどうでしょう?
Q19 問題解決の方法として、二重国籍を採用すべしとの主張は?
Q20 そもそも「国籍」とはいかなるものでしょうか?

|

« 日本は中国の圧力に屈した。 | トップページ | 「不滅の法灯」と「油断大敵」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新版・外国人の参政権問題Q&A:

« 日本は中国の圧力に屈した。 | トップページ | 「不滅の法灯」と「油断大敵」 »