« 「死の商人」大倉喜八郎 | トップページ | 高齢者不明問題の考察と対策 »

2010年8月21日 (土曜日)

面白地名・遊佐町「唐船場」

Fukurah_20

 ↑写真の左・中央付近が吹浦小学校。

 山形県遊佐町吹浦海岸近くに「唐船場」(とうせんば)という地名がある。
 場所は、国道7号吹浦バイパスとブルーラインが立体交差する辺りだ。
 ネット上の地図で「唐船場」を発見できたのは、グーグルだけだったTosenba

 もっと正確には、国道7号線とブルーラインの立体交差を十六羅漢方向に曲がると「吹浦小学校」があるが、この小学校の裏手に、旧道の「南光坊坂」がある。
 この辺りに江戸時代、外国船を見張る「唐船場」があったはずだ。正確な位置は知らない。

 この辺りは、鳥海山が噴火して溶岩が流れて盛り上がった「吹浦山」の一角だ。そして溶岩が海に流れ込んだ先端が十六羅漢がある海岸となる。Photo
 綾瀬はるか主演の映画「ICHI」のロケ地になった吹浦の「鳥海山大物忌神社」から見ると北側の高台に位置している。それに吹浦小学校も、昨年、松岡錠司監督作品の『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』の撮影が行われている。
 晴れた日には、日本海が遠方まで見渡すことが出来る。
 
 「唐船場」は、「唐船番所」或いは「唐船遠見番所」とも言われ、外Ichi国船を見張るために各地に設置された。最初は、江戸時代初期の家光の鎖国令に基づいて全国的に置かれたそうだが、日本近海に外国船が出没するようになった寛政年間(1789~1800年)に復活し、幕末まで機能していたようだ。

 因みに、庄内では、鶴岡市加茂今泉(加茂水族館近く)にも「唐船場」があったというし、宮城県石巻市の牡鹿半島では「唐船御番所公園」として整備されている。
 宮城県のように、「唐船場」があった場所を「見晴台」にするなど分かり易くすれば、歴史の勉強の場所になると思うのだが・・・・・・。
 
 また、山形県庄内海岸で北朝鮮不審船が問題になった昭和40年当時は、西浜海岸の松林近くに櫓を組んで、不審船発見の見晴台が作られたことがあった。

Photo

http://maps.google.co.jp/maps?q=%E9%81%8A%E4%BD%90%E7%94%BA%E5%90%B9%E6%B5%A6%E5%94%90%E8%88%B9%E5%A0%B4&hl=ja&tab=il&btnG=%E5%9C%B0%E5%9B%B3%E3%82%92%E6%A4%9C%E7%B4%A2

Canvas1_1

Photo

|

« 「死の商人」大倉喜八郎 | トップページ | 高齢者不明問題の考察と対策 »

09 遊佐町の関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/36259494

この記事へのトラックバック一覧です: 面白地名・遊佐町「唐船場」:

« 「死の商人」大倉喜八郎 | トップページ | 高齢者不明問題の考察と対策 »